【6号機版】ジャグラーの正しい打ち方【編集部K】

【6号機版】ジャグラーの正しい打ち方【編集部K】

 

こんにちは!

ご存知、先月末で5号機も姿を消したということで、これを機にジャグラーを打ち始めた…なんて方も多いのではないでしょうか。

ジャグラーシリーズは設置台数も多く、長期にわたって稼働が見込めることもあり、看板機種になりがち。

結果、他機種にくらべて格段に高設定に期待できますからね!

 

というワケで今回はタイトルにもあるとおりジャグラーの打ち方について、です。

【6号機版】なんて書いてますが、5号機のジャグラーとは小役の枚数が微妙に異なるだけで手順はほとんど同じなので「そんなもん知っとるわい!」と言う方は読む必要はないかもしれません。

 

さて、知っておくべきことは3つ。

①通常時の打ち方
②ボーナスの揃え方
③通常時の打ち方(逆押し)

それでは順番に見ていきましょう。

あ、ちなみに今回紹介する打ち方に関してはアイム・ファンキー・マイ、すべて共通の手順となります。

 

①通常時の打ち方

結論から言うと、通常時は左リールにチェリーを狙い、中・右リールは適当打ち。

基本的にはたったこれだけでOK!

左リールにはチェリーが2ヶ所あるので、交互に狙うとスムーズに消化できるかと思います。

順押しだとベル(14枚)とピエロ(10枚)を取りこぼしますが、確率は低い(ともに約1/1000程度と思われる)ので特に気にする必要はないでしょう。

 

ただし、さらに理想を目指すなら左リールのBAR(どちらでもOK)を上段もしくは枠上に目押しするのがベター。

こうすることでチェリーとボーナスが同時当選した際に確実にチェリーを入賞させることができ、次ゲーム1枚掛けでボーナスを揃えると仮定すると、結果的に1枚の得となります。

ジャグラーはボーナス成立時、小役よりもボーナスを優先して引き込むため、チェリー+ボーナス当選時に左リールのチェリーを下段とかに押してしまうと、7図柄を引き込んでしまい、チェリーを入賞させられなくなる…というのがその理由です。

まぁ効果も知れてるので特にマストではありませんが、BARを枠上もしくは上段に狙い続けるのが苦痛ではない方には、この打ち方をオススメします。

②ボーナスの揃え方

〇まずは先告知時、つまりレバーでGOGOランプが点灯した場合

この際は単独でのボーナス当選、もしくはチェリー+ボーナス同時当選の可能性があり、後者であればこのゲームはチェリーを入賞させて、次ゲーム1枚掛けで揃えた方が1枚の得となります。

手順はいたってシンプルで、中リールの上段もしくは中段に7図柄を狙い…

7図柄が中段に停止→チェリー+ボーナスなので、左にチェリーを狙い、次ゲーム1枚掛けでボーナスを揃える。

7図柄が下段に停止→単独ボーナスなので左・右リールにボーナス図柄を狙い、そのまま揃える。

となります。

 

〇続いては後告知などでボーナス成立の次ゲーム、1枚掛けでボーナスを揃える場合

この場合はブドウが成立する可能性があるため、その際はボーナス入賞を後回しにして、まずはブドウを揃えたい。

いわゆる「ブドウ抜き」と呼ばれているものです。

手順としては、まず中リール上段もしくは中段に7を狙い…

と、こんな感じ。

ブドウの可能性がある停止形Bですが、7が右下がり以外でテンパイした場合はそのままボーナスを揃えましょう!

③通常時の打ち方(逆押し)

最後は通常時の逆押し手順。

逆押しはベルとピエロを揃えることが出来る、いわば完璧版小役狙い手順…なのですが、面倒であることに加え、消化効率を考慮するとオススメはしません。

なので、「こういった手順もある」「実用性は低い」ということを知っておくだけで十分かと。

 

一応、参考までに重要なところだけかいつまんで解説すると、まずは右リール上段もしくは中段に7を狙い…

ベルが上段に停止→ベルの可能性があるため、中リールにベルを狙い、ベルテンパイ時は左にもベルを狙う。

ピエロが上段に停止→ピエロ確定なので左・中リールにもピエロを狙う。

またこの他にも…

このように、右リール上段7停止時はボーナスの1確目…なのですが、きちんと上段に7をビタ押しできていることが条件なので、こういったことを含めて実用面で色々と問題あり。

それでも詳しく知りたい方やマニアを目指したいという方は、下記リンクから覗いてみてくださいね!

ではまた~!

ジャグラー情報はパチマガスロマガモバイルにて完全網羅!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー