【編集部コラム】 メシUMA 第1幕

【編集部コラム】 メシUMA 第1幕

サラリーマンにゃ1万円でも死活問題!

お初お目にかかります。編集部員として15年。地味~にこのまま地に埋もれていく人生…を想像していたら、不敬にも表舞台で原稿を書くことに。人生何が起こるかわからないものですね。目指す着地点は「メシウマ」キャラ、メシUMAと申します。

さてさて。表舞台にちょいちょい顔を出すチキショウ君とは違い、んな顔もわからんヤツの言うことなんて何人聞いてくれることか。ま、そんなわけで好き勝手に書かせてもらいましょうかね。

ただ。折角読んでくれた貴方に何か得してもらいたい。チキショウ君の口座番号を暴露でも個人的には良いんだけど…背後で修羅みたいな顔をして仁王立ちしておる(笑)。

そんなワケでパチマガらしく。自分は「使える時間やお金が限られているサラリーマン向け」の機種選びを、今回は紹介させてもらおうかと思います。もし「堅い勝負をしているハズなのに、何故か大負けが続いている」って方がいたら、損な情報ではない(ハズ)!

自分が台選びをするときは、流石に回転率を意識するワケなのですが。まぁー最近は回らない状況が多い。つまり、投資金額がかさみやすい状況が増えているんですよね…。千円20回まわらないのがデフォルトになってきてる。不敬ですよ!

そんな状況の中、「負けても最大1万円。勝てるときは3万円クラス」をコンスタントに叶えてくれる神台があります。どこが神ってるかというと…

ゴジラ台 筐体

P真・怪獣王ゴジラ 77ver.

細かなスペックはコチラを参照。

この機種の大きな利点はこの3つ。
1.通常時、右打ち中ともに当選確率「約1/77」。右打ち中は電サポ70回転が付くので、『同じ当選確率を有利に回せることで、初当りor連チャンどっちかで優位な状況を築きやすい』。

2.ボーダーラインが千円「17.1」(電サポ1回転あたりー0.5個計算)。と昨今の機種では甘め。ここ最近のホールでの回転率を考えるとボーダー程度の台がそれなりにある。

3.攻略効果が抜群。「5R420個」「10R810個」「4R350個」(電サポ1回転あたり+0.7個の場合の出玉数)で打てると…。
ボーダーラインは「14.4」!

自分の打っている地域ではこの機種、千円17回~18回程度なんですが、これだとボーダー+3~4回転で「勝てる台」になる。
設定付きパチンコの設定6並みの当選確率なので、割と短い時間でも安定しやすいのがラクなんですよね。投資が1万円以内で収まる場合が多いのもポイント。

以下2つが「出玉数を多く取るコツ」になります。上手にできるようになる秘訣は練習あるのみ! スポーツと同じです。よりコンスタントに勝つためにはテクニックを磨くのが話が早い。

大当り中のオーバー入賞促進打法

重要度としては第2位。

右アタッカー付近に「3個賞球口」があり、アタッカーに入るかどうかは運次第なので増える玉数にブレ幅があるのが難点。とはいえ、1Rにつき「3個賞球口→2個増加」「アタッカーオーバー入賞→9個増加」は大当り回数が多くなる甘デジでは決してバカにできない。

個人的には初当りの5Rで「390個」に到達していれば上手くできたという認識です。

ワンツー

電チューサポート中の止め打ち

重要度第1位。

打ちっぱなしで右打ちを70回転消化すると「-40個~-50個」になることも。しかし、下で紹介する手順の止め打ちを実施すれば電サポ70回転終了時には「+30個~+50個」。差玉にして大当り1回につき最大「100個」差が出る最大のポイントです。

アタッカーを見つつ一度タイミングがあったら、あとは繰り返すだけ。

止め打ち

「利点1」で挙げたように、本機は通常時と右打ち中確率がほぼ変わらず電サポが確定で70回転付く。電サポ+増えた出玉を使えば…次の大当りまで玉を使い切らず当たる可能性がアップ!

常時「1/77」を打っているワケなので、有利な状況でまとまった出玉があれば「ほぼ勝ち確」となる状況が意外と作れる。つまり、勝率がアップするのです。

「やっぱり攻略って面倒くさい」って話も良く聞きます。実際、自分もメンドいです。ただ、「負け続けてお金が減る面倒さ」に比べたらまだマシなんじゃないかなと。

そんなオススメな機種のとある日の実戦結果はといえば……

結果

自身の初当りは159回転から2回目。毎回上手く行くとは限らないのがパチンコではありますわな……。
それでも、この体たらくながら「-6000円」程度で済むのがデカい。さすがに、毎回こんな風にはならないですからね。夕方18時からの実戦を想定し、稼動時間は短めとなっております。

初回から説得力ゼロな気もしますが、「こんなデスゲーム展開」だからこそ傷の浅さに注目してもらえれば。

ちなみに、この程度のパターンなら自分の中では「そこそこ遊べた」展開。多分大抵はメシUMAな地獄絵図を紹介することになると思います。お楽しみに……。

TM&©TOHO CO., LTD.

テーマ曲
I'ma“G”AK-69 Licensed by ユニバーサル ミュージック
One More Time AK-69 Licensed by ユニバーサル ミュージック

ライター紹介

  • メシUMA
    編集部
    メシUMA
    パチマガ編集歴15年目の企業兵士。色々粗末なモノをお見せするわけにはいかないため、こうした不敬な姿をとる。ソシャゲの課金が日課で、その資金を稼ぐためにパチンコ・競馬に手を染める。パチンコはゴリゴリに堅い打ち方で「高勝率」をキープする立ち回りが身上。しかし、ドテチンに肉薄するほどヒキが弱い。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー