接客業でも「笑顔」がNGのお店の話【和泉純のちゅーか、玉タマ日記①】

接客業でも「笑顔」がNGのお店の話【和泉純のちゅーか、玉タマ日記①】
パチマガ誌面で「2011年11.27号」あたりから掲載されていた、和泉純のミニコラム。それが『玉タマ日記』だ!

パチンコ屋の店員といえば大昔はパンチパーマで威圧的。

今ではすっかり変わり「接客業」という地位を確立してきたわけだが、 俺みたいな古い人間はいまだに店員に笑顔で挨拶されると戸惑ってしまう。 まあ、これはこれでいい。

ただ、笑顔だったりしちゃいけないお店もある。そう、お察しの通りエロDVD屋だ

この前いたんだよ、陽気な店員が。こっちとしては「いかがわしい雰囲気」も味わいたいわけですよ。実際、陰湿な雰囲気の店だと選んで買っただけでカウパってるもんね。ここは変わらないでほしいな。

Daiichiの「CR魁!! 男塾」(2015年)より。「氣志團」とタイアップしていたことすらもはや覚えていない……(担当編集)。

昔のタマを「和泉純」にイジってもらう!

いろんなことで「風情」が失われつつある現代。さらにコロナ禍でまた変わりつつある。

個人的にはネットショッピングを覚えてDVDも今や郵便局の配達員さんが届けにくる。こうなるともういかがわしい雰囲気ゼロだ……。

もっと言えばスマホをテレビ画面につなげばもはやDVDを購入する必要もない。

ただ、不思議なもんで、便利になればなるほど有難みが失われるというか……。

公園でエロ本を必死に探して集めてた小学生時代が懐かしい。

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー