パチスロトリビア ビタ押しのときに最も使われる腕は○○○である【編集部コラム 馬山田 第25回】

パチスロトリビア ビタ押しのときに最も使われる腕は○○○である【編集部コラム 馬山田 第25回】

要・目押しの台を打つ機会が多くてふと思った!

かのSF作家、アイザック・アシモフはうんちゃらかんちゃら~ということで、ガチの無駄知識を調べてみました。ワンチャン、明日誰かに話したくなる価値すらないかもですが、それはまあ生あたたかい目で見てください!

というこで、まずは設問から!
「Q ビタ押しの時にボタンを押す腕は利き腕? その反対? どちらでもよい?」

この質問に編集部員・ちょうど連絡をとる機会のあったライターさん・本サイト関係者に雑談の中で答えてもらいました。
総数は20名!

条件は「ビタ押し」。2コマ目押しや通常時の小役狙い消化ではなく、ビタ押しです。まあ、普通に考えれば、いつも以上にボタンを押す精度が要求されるビタ押しなんですから、「利き腕で押す」ってのが多数派なのでしょう。

でも、僕としては、「どちらでもよい」がかなりの票を集めると思うんですよね。

ビタ押しを成功させる要素としては、「ビタポイントを視認する」「ビタポイントで押す」の2つ。
視認が完璧なら、あとはタイミングよく押すだけなんですから、使う腕なんてどっちでもよいのでは?って思う訳です。
僕自身としては、絵柄の視認が完璧じゃないのであてはまりませんが、ライターや4号機のビタ押しで鍛えられた古参の編集部員も回答しているし、押す腕を気にする人は一般よりも少ないんじゃないかな~。

さて結果は?

普通に「利き腕」超絶優勢だった!

うん、普通だなッw

自分の予想に反してライター勢も使う腕をしっかり決めている人が多いですね。

トニー「(ボタンを押す)感覚がズレないように利き腕一本にしている」
角屋角成「ビタ押しは利き腕だけ。(2コマ目押しなど)他のときは逆の腕も使う」

のような意見が主流でした。
これ、前述の僕の推論は真逆の考え方しちゃってますね。

▼目押し上手い人の考え方▼
ビタポイントの視認がしっかりできているので、不確定要素は「ビタポイントでしっかり押せる」かだけ→不確定要素減らすためにボタンを押す腕を決めている(結果、使い慣れている利き腕で押す)。

という流れなんですねぇ。

ちなみに、押す腕はおろか、押す指まで決めている人も多かったです。
使う指は「親指or人差し指」のどちらかでしたね。

上手い人を目押し「職人」って呼ぶことがありますが、ここまで感覚にこだわるタイプが多いと、そう言われるのも納得ですね。

少数派の意見

「どちらでもよい」と回答したのは、編集部員・おぎの。その理由を聞いてみたところ…

おぎの「その日のビタ押しの調子に合わせて使う腕、押す指も変えて微調整している」

……ちょっとカッコイイ発言じゃね~かw

ちなみに、「利き腕の逆の腕」と回答したのは、わたくし馬山田。
理由は前述の通り、絵柄視認重視でボタンを押す腕はど~でもよいと思っているためw
絵柄視認が完璧ではなく、ビタ成功率が高くない→じゃあどっちで押しても変わらないな!ってことで、通常時の消化でボタンを押すことの多い利き腕の逆(左手)でそのままビタ押しに臨んでいたら、その腕で常に押すようになった次第。


今回の結果はトリビアにすらならない普通なものでしたが、また気になることが湧いたら調べてみま~す。
個人的には「押し順六択で好きな押し順は?」とか聞いてみたいですね!

ライター紹介

  • 馬山田
    編集部
    馬山田
    パチマガスロマガFree編集部員。馬だけに趣味は競馬……ではなく麻雀。順位ウマは取られてばっかりですがw パチンコの初代「哲也」と「華牌」シリーズは大好き。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー