【P真・一騎当千】蜀モード・徹底解析!!

【P真・一騎当千】蜀モード・徹底解析!!

ピカーーーッ!

僕の使っているi Phone7で遂にポケモンGOがプレイ出来なくなりました……。何でも「iOS 14.0が必要です」とのこと。うるせぇよ★(逆ギレ) i Phone14に買い替えるので早く出して下さいッ!! さて、抜け殻状態で臨む今回は、P真・一騎当千の真・覇王演義における蜀モードを徹底解剖!! コレさえ読めば、蜀モードがもっと面白くなるッ……かどうかは僕にも分かりませんッ!!(編注:分からないんだ!?)

ボーナス後のパネルは据え置きなのか?

蜀モードで一度表示されたキャラやオーラ色は、途中でボーナスを引いても引き継ぐのかどうか問題。過去のコラムでは「そのまんま引き継ぐ! ノーチャンスッ!!」と断言しちゃいましたが、新たな事実が発覚したので紹介します。

・ケース1

とある連チャン中のパネル遷移図がコチラ。ちなみに画像内の文字の意味は「小…V入賞しない小当り・3R…3R大当り・10R…10R大当り」。文字が表示されている保留までボーナス告知がありました。

蜀モードケース1

②→③の時に②で5番目にいた張飛青から緑に変化!! また、③→④の時に③で5番目にいた孔明青から緑に変化しています!! しかし、どちらも大当りには繋がらず……。

一度表示されたアイコンは変化しないと思ってましたが、オーラ色は変化する可能性があるようです。ま、さすがに低信頼度表示のままってなると、面白くないですよね~。

・ケース2

〆切ギリギリで取れたサンプル。電チューに1個入賞させて演出が始まってから保留を貯めるとどうなるか試してみたところ、2~5個目の保留は馬超だらけという結果に。

蜀モード楽就
荒ぶる楽就

遅れて入賞させると下のウィンドウは馬超固定となる模様。『同キャラが連続すれば大当り』という法則は、この変則打ち時には対象外となるので注意!! メイン画面には楽就という男性キャラが表示され、敵キャラは出現せずに一人でバタバタ攻撃したりしてました。

となると、最初の15秒間に貯められた保留を対象に、演出の強弱が決定されていそうですね。ちなみに電サポランプはコレ。

電サポランプ
盤面左上に注目!!

このランプが点灯中は電サポが有効になっています。有効時間がかなり長くて、1回目のアタッカーが開く寸前(蜀モードなら1人目のボーナスアイコンが出現する寸前)まで点灯していました。おそらく全モード、このギリギリのタイミングまで電サポが生きていると思われます。

あまりオススメはしませんが、最後までドキドキしたい人は遅れ入賞させてみるのもアリです。ただし、消化効率が落ちる可能性もあるので、ある程度のデメリットは覚悟しておいた方が良さそう。もちろん、最後に保留を満タンにするのを忘れずに

その後のパネル遷移図はコチラ。

蜀モードケース2

①の4つ目と5つ目の馬超がそれぞれ孔明と張飛に変化していますが、これは変則打ちの弊害なので除外。また、厳密には④の後に即連演出(特図2保0状態で1個目の保留が大当りしていると発生する演出)が出ましたが、今回の検証には関係ないので割愛。

何気に②で関羽・赤をハズしたものの、⑤→⑥の時に⑤で4番目にいた孔明紫から虹に変化しました!!(⑥の孔明は紫に見えるけど、よく見るとキラキラしてるので虹) その後ろにいる張飛緑から紫に変化しており、両方とも大当りにッッ!!

限界突破BONUS

つまりッ!! パネルの色が弱くても、ボーナスを挟むと変化する可能性があるってコト!! どうりで緑とかでも当たりやすいハズやわ。ちなみに⑦の5個目の保留は最初の15秒間で貯められなかったため、馬超が2連続しているにも関わらずRUSHを抜けています

その他の要素について

◆自キャラについて
自キャラについての印象は以下の通り。
馬超・張飛・孔明…紫以上に期待
関羽…赤以上に期待

といった感じ。何気に孔明でも当たるバランスになっているので面白い。あと、関羽で当たる時は赤が多いので、紫のままなら少し危険かな。劉備は最弱設定なのに何故か出にくい印象……何か謎があるんかな?

◆敵キャラについて
ほぼ1体は確実に倒す仕様なので、1体目が狼or熊(撃破で2ランク以上アップ)出現なら若干チャンス2体目が蛇(撃破濃厚)でもチャンス自キャラ必殺技もおそらく2ランク以上アップすると思われるのでチャンス。攻撃時に呂蒙眼光フラッシュが発生すれば激アツ!! モブ学生だけ法則が見えてこないので、現時点ではあまり出てきて欲しくない印象ですね。むちゃ出てくるけど★

ちなみに1体も倒せなかったパターンも1回だけ確認しています。

白劉備
3つ目の劉備が1体も倒せず白のまま

この変動は大当り☆ 出現率の低さを考えると、かなりアツそう。

あと、何気に大事なのはJUDGMENT画面のアイコンの数!

すべてボーナスアイコン

3つともボーナスなんてパターンもあるから、見逃し厳禁! 特に関羽は龍魂+150アイコンが1つでも混じっているとちょっと不安です……。

面白いけど、状況がキビシーッ!!

P蒼天の拳 天刻はマジで時代を先取りしすぎた名機やと思ってるんですが、本機もソレに迫るくらい面白いデキに仕上がっています。あと、V入賞しない小当りも数を重ねればまともな出玉になってるのがトクした感じがして楽しい☆

面白いんやけど最近回らなくなってきたと同時に稼働も少し落ち着いてきた感じ。当サイトでも7月31日から「P真・一騎当千 AB(Actual Battle)」という実戦企画が始まっているので、そちらもご覧ください☆

演出信頼度や演出法則はコチラから!!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー