【編集部コラム】おぎの 第1回

【編集部コラム】おぎの 第1回

勤続年数7年の下っ端になりました

「おぎの君もコラム更新して」

みんなが更新する度にネタどうしよう的な空気になってるのを横からチャチャいれて楽しんでたら罰が当たりました。

と、いうわけで今日から基本的には毎週水曜日に更新していきます。元スロマガ編集部の荻野です。

みんながライターの話や雑誌の裏話をしてるので、僕はパチスロ実戦してデータ載せていこうと思ったんですけど、初っ端からデータくそ過ぎて載せられんってなりましたので、実戦した「パチスロひぐらしのなく頃に祭2」の小ネタでも書いていこうかと。

少しの間お付き合いください。

デイリー戦績はリセット可能

写真の写り込みが激しいんですけど、それは許してください。どうしようもなかった・・・。

上の写真のデイリー戦績と当日の遊技履歴、コレクションはメニュー画面の遊技履歴(だったはず)ってゆー項目から確認可能なわけですが、デイリー戦績に限り履歴をリセットすることができます!

やり方は簡単でボタンを長押しするだけ! ただ、長押しの時間が案外長いので若干不安になります(笑)。大丈夫! 押してればそのうち0になるから!!

ちなみに、遊技履歴とコレクションはリセットできないので、自分の履歴を把握したい場合は打ち始めの画像も撮っておくべきですよ。

転落目をセグで判別しよう!!

上の話は正直どうでもよくて、今回の本題はこちら。

ひぐらし祭2の運命分岐中、以下の小役が成立した時にはクレジット(貯留)の上にセグが出ます。そのセグを判別してもっとひぐらしを楽しもうよ! って話ですね。まあ、知らなくても損はしないから興味がない方は飛ばしてください、完全にお楽しみ要素ってだけです。

【基本的なセグ出現役】
●回避リプレイ
●転落リプレイ
●ART突入ベル

あとは2択ベルとかでも出るけど、今回は必要ないので割愛。

↓↓↓ちなみに、それぞれのセグはこんな感じ↓↓↓

赤いトコロが光ってる部分です。ちなみに、急に左回避・右回避って出てますが、これは継続確定の時とか、回避ナビ率が上がってるときに第2停止をナビしてくれる転落リプレイのことです。

つまり・・・中を押してって出た時にセグを見れば何が成立しているかが一目で分かります。転落リプレイのセグさえ出ていなければ安心です。

アツいパターンはコレだ!!

このまま終わると「だから何なの?」って話になっちゃうので、もちろんアツいパターンを紹介していきます。

まず1つ目、回避ナビ率が低い時の右回避リプレイorART突入ベル成立はベルの可能性大! 回避ナビ率0での成立ならもちろんART確定!!  つまりART0確を拝めます。普段であれば中を押すまで不安でいっぱいなところを自分だけ先にART突入が知れるって素晴らしくないですか!? 僕はこういうのでテンション上がります。

2つ目、レア小役後の転落リプレイセグはボーナスの期待大となる激アツパターンに変貌!! こっちは継続が確定している時にボーナス0確を拝めます! 継続確定=転落リプレイは成立しないので、そのセグも出るはずはないのですが、レア小役後ボーナス告知の時のみ出現する可能性があります。こっちはボーナスまで0確できちゃうんだから悶絶必死。ちなみに、そうなったときの画像が下。

 

そして、セグがわかるってことは転落リプレイの時に変則押しも可能です。右や左から押せば2択を第1停止で選択できます。まぁ、これもだから何って話なんですが、興味のある方はいると思うので、転落時と回避時の出目をお教えします。

この打ち方をすると第3停止まで回避か転落かがわかりません。なので、最後までワクワクしたいって方は転落セグを確認してこの打ち方をしてみてはいかがかな、と思います。

ちなみに、第2停止で転落・回避の判断がつかないため、必ず第3停止で上・中段に白7を狙う必要があります。上の画像は白7狙い時かつ戦績で天井短縮成功も確認している出目なので安心してください。

損する打ち方なんか誰もしたくないでしょ!

 

とまあ、なんとも身勝手な自分が楽しいだけのコラムを書きましたが、言われた時に何やっても良いって言われたし問題ないよね! 一部のファンに響けば嬉しい限りです。誰かがすでにやってたらごめんなさい。

今後やってほしい検証などありましたら、ツイッターの方にコメントいただければ嬉しいですし、やれることはやっていきたいな~と思いますので、是非是非!!
それでは、また来週!!

ライター紹介

  • おぎの
    編集部
    おぎの
    パチマガスロマガFREE編集部では最年少のクソガキ枠。子供の頃からゲームが好きで、その流れのままパチスロにハマり今に至る。派手髪が好きで日々変化する髪色にもはや社内の誰も驚かないが、取材に行った際には読者の方々に心配されることも…。女子高生に待ち合わせ場所として利用された経験あり。

新台導入カレンダー