【6号機】2400枚規制緩和で天井激熱【編集部けいちゃん】

【6号機】2400枚規制緩和で天井激熱【編集部けいちゃん】

こんにちは。

業界低迷における諸悪の根源、毎度おなじみ「2400枚リミッター君」の条件が緩和されるようですね!

来年末以降とか、だいぶ先のハナシだそうですが。

 

簡単に言うと、これまでは基本的にはどこで当たっても2400枚出たら終わりだったのが、差枚数でマイナスだった場合はその差枚数分+2400枚出るまでOK…とのこと。

たとえば、1000枚マイナスの状態で当たったら、差枚数分の1000枚+2400枚で一撃最大3400枚まで出せる可能性がありまっせ、ってコトらしいです。

ただ、ここでいう差枚数ってどこからカウントされるんですかね?

おそらく「設定変更(リセット)時」もしくは「有利区間開始時」の2択かと思うのですが、普通に考えれば後者ではないかと(確定情報があったらスミマセン)。

設定変更でのみリセットされる場合

まぁないとは思いますが、仮に設定変更でのみ差枚数がリセットされる場合、その日に大きく凹んでいる台は常に大量獲得のチャンスとなります。

たとえば調子がメチャクチャ悪くてマイナス5000枚の台があったとしましょう。

その台は初当りを得るたびに5000枚+2400枚の計7400枚以上を一撃で出すポテンシャルを秘めていることになります。

さらに言うと、設定変更をせず毎日設定1でほったらかしているような場合、差枚数はどんどんマイナスになっていくので、一撃万枚、いや2万枚、いやいや終日出っ放しで取り切れず…って可能性すらありますね。

誰かがいずれは美味しい思いをする、宝くじで言えばキャリーオーバー、カジノで言えばジャックポット的な感じのゲーム性もありっちゃあり?

でも、元々は「こういうの」を抑えるための規制なので、残念ながら可能性はゼロに近いでしょうねぇ。

有利区間開始時にリセットされる場合

では本命の、有利区間開始から差枚数をカウントする場合。

コチラもハマっていくほど一撃で出せる最大出玉が大きくなっていきますが、最終的には天井などで当たって有利区間がリセットされてしまうので、先ほどの「設定変更のみでリセット」みたいなことにはなりません。

せいぜい、最大でも一撃4000枚程度が限界ではないでしょうか(現状よりはかなりマシですが)。

もちろん仮に天井で当たったとしても、運悪く数百枚とかで終わってしまったらそこでアウト。

大量獲得のチャンスは絶たれます。

 

それでも、最大期待値が取れる状況はやはり「天井」ということになるので、これまで以上にハマリ台狙いの価値が高まるかもしれません。

ただこれ、朝イチとかAT終了後0ヤメとかだと今以上に打つ気になれないですよね?

もはや無茶ぶりに近いものがありますが、メーカーさんには朝の稼働が落ちない、かつハイエナが横行しないよう、うまいこと作って頂きたいものです。

注意すべきこと

頭に入れておきたいのは、今回の緩和で差枚数が反映されるようになったからと言って、頻繁に2400枚+差枚数分の出玉が得られるわけではないということ。

ヒキやら何やらが嚙み合って2400枚出せた時に初めて、差枚数分の出玉を獲得できる権利が生じるのです。

つまり大きくハマって、かつタイミングよくたくさん出す必要があるのです。

考えてみれば、そもそも2400枚出すのって意外と難しいし、大ハマリが条件となるとなおさらですよね。

加えて、この要素を踏まえて機械割が調整されるということも見逃せません。

一撃で大きく出る可能性がある分、初当り確率なんかにシワ寄せがくるでしょうから。

 

ただ、少しずつ緩和される傾向はスロ業界全体にとって良き事。

いずれ有利区間も2400枚もなくなることを願いましょう。

じゃないと、パチスロのシマは本当にジャグラーだけになってしまいますからね!

ひとまず今言えることは…メーカーさん、頑張って!(笑)

ではまた~!

 

「2400枚規制緩和」「有利区間終了条件変更」に関する記事はコチラ!

2400枚規制緩和関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー