「この店は1000ハマリのデータをよく見かける。ボッタクリだ!」という声

「この店は1000ハマリのデータをよく見かける。ボッタクリだ!」という声

※『パチンコの勝ち方』過去の連載まとめはコチラから。

◎パチンコの勝ち方 その66

「情報戦」

Twitterを見ていると、パチンコに対して間違った固定観念を持っている方をしょっちゅう見ます。

①「俺がヤメた台、また爆発してる!遠隔だ!」

②「この店は1000ハマリのデータをよく見かける。ボッタクリだ!」



間違っています。

このツイート内容も間違い?(笑)

①は、ヤメた台が爆発してるのを「悔しい」と考えているから、それにばっかり目がいくだけですね。

ヤメた台を毎回チェックして、爆発していたなら自分がヤメた以降の回転数をチェックしてメモ。

爆発していなければ、ハマっている分の回転数をメモ。

これを繰り返してデータが集まれば、きっと確率通りであり、しっかりマイナスになると思いますよ。



②はもっと単純で、打つ人(お客さん)が多くて回すからハマる事ができるという、むしろ優良店である可能性の方が高いです。

ボッタクリ店は1000ハマれるほど打つ人がいないって事ですね

むしろ優良店か?

「勝つ為の根本の話」

こんな感じで、本質を見誤ると勝つための立ち回りの弊害となる合も多いです。

最近、特に気になったのはコチラ。

③「パチンコ屋は儲けないと商売にならないんだから、客が勝てる訳ないじゃねーかバーカ」

これですね。

たしかにそうです。

理にかなってる。

ように見えますが間違いです。



たしかに、パチンコ店が成り立つという事は、お客さんは当然負けているということです。

お客さんが負け続けるから、店が利益を得られるんです。

が、お客さんが負けすぎると来なくなるので、たまに店が赤字になる状態の台もあります。

パチプロは勝つんです!

自分が考える理屈だけで物事を考えるのではなく、しっかり調べてから判断することは、何においても大事だと思います。

This is パチプロ.
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー