第103回 “丸わかり”系機種に入れてくる店長「変態」説!【しのけんの喰うならやらねばF】

第103回 “丸わかり”系機種に入れてくる店長「変態」説!【しのけんの喰うならやらねばF】

担当(以下・担)『今回(※第101回・第102回)は、「青鬼」の設定6をツモれた日の稼働日記ですね』

しのけん(以下・し)『です』

▼日記の本編はコチラ

『デキレ挙動となる設定6の割に荒い展開でしたね』

『荒い挙動と言うか、プラス要素マイナス要素双方薄い事を、この1日で複数味わった感じだよね』

『ちなみにデキレ挙動と良く言われますが、青鬼の設定6は本来どんな感じの挙動になるんですか? すみません。設定6をつかんだ事がなくて…』

『んとね、こんな感じ』

『ほほーう。記事に書いてましたが、まさにイモムシが這ったようなグラフ(笑)。ちなみにコレ全部しのけんさんが打ったデータですか?』

『いやいや違うよ。いろんなホールで青鬼に設定6が使われた時、一応参考にとグラフを保存していたんだけど、その一部』

『他機種の挙動もそうやって保存したりするんですか』

『うん。特に導入されたばかりで、どんな挙動するか明確に分からない台の設定6グラフは、今後の設定6狙いの時のために保存するようにしてる』

『なるほど。しかしこれらと比べるとやはり日記にした時の青鬼は面白い挙動していますね』

『これね。ラストの通常A負けが途中に来ていたら、もっとブレあるグラフになってたのになぁ…』

『青鬼の推測はやはり簡単ですか?』

『設定6はね。だって基本333Gか444Gで当たって、2セットか3セットのAT入る…の繰り返しだから。そこに今回みたいなレアな事をごく稀に挟む時もあるって感じ』

『リゼロよりブレないですか?』

『うん。デキレ台最高峰の作業挙動(笑)。逆に設定1なんかは毎回444Gで自力勝負。勝てばほぼ完走…みたいなギャンブル台に豹変。自分はそこら辺の開き直りっぷり好きなんだよね』

『他の高設定、設定4や5なんかは?』

『今言った低設定挙動に設定6挙動が交ざる感じ。まぁでもこの台を入れているホールは、基本ずっと低設定放置がほとんどでしょ。高設定を入れるホールは「見せ台」的に設定6を使うために設置しているだろうから、高設定入れる時は設定6がメインじゃないかなぁ』

『そういう風に見せ台的に使う機種って他にもありますか?』

『う~ん、ある意味「バンバンクロス」とか「3×3EYES」とかも設定C入れるホールはそんな位置付けで入れてるんじゃないかな』

『ほうほう』

『だって設定C以外ほぼ稼働してくれないから、機種単位で言ったら利益なんて取れないでしょ。それなのに入れてくれるってのは、その機種で利益を取ろうとする以外の意図があるはず。それかそのホールの店長が良い意味で“変態”(笑)』

『ぶは。なんですか? 店長が変態って(笑)』

『たまに意味わかんない(設定の)入れ方するホールあるんだよね。なぜそんな台に設定6入れる? とか。そういうホールは大体店長がちょっと変わってる(笑)』

『店長の個性が反映されるって事ですね。まぁ設定入れてくれるぶんには本当に良い意味で変態ですね(笑)』

『昔と違って今って、設置機種でそこまで大きな個性が作りづらい時代だから。その中でホールとして他店と違う個性を作るとしたら設定の入れ方とかで表現せざるを得ない』

『なるほど』

『青鬼や前述したような機種に設定6や設定Cをちょこちょこ使うホールは、そんな個性的な店長が多いんじゃないかな。もしそうじゃない普通の店長だったら、ここら辺の機種はとっとと撤去しちゃってるでしょ』

『確かに(笑)』

さらなる詳細は9月5日6時に公開予定!


ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー