【レビン】忘れた頃に打ちたくなる台

【レビン】忘れた頃に打ちたくなる台

面白さを再認識

忘れた頃に打ちたくなる台…それが「パチスロモンキーターンⅣ」!

6号機の中ではトップクラスに楽しい台だと思うのだが、最近は高設定が入りづらい&番長3やパチスロバイオ7、パチスロガメラあたりを打つのが忙しくて、あまり触れられていないというのが現状。

ただ、久しぶりに打ってきたのだが、やはりその抜群の面白さというものを再認識させられた。

ちなみに本機は高設定と低設定ではまるで違う動きをするのだが、他の6号機たちと同じく安定して勝てるのは高設定、不安定だけど一撃が狙えて面白いのが低設定という中身となっている。

高設定はレア小役からATに直撃しやすいとか、通常時は超抜に入りやすいとか色々な推測要素はあるのだが…その辺はすでにご存じの方が多いと思うので割愛。ただ簡単にまとめると挙動の差は以下のようになる。

まずは低設定。ちょっと大げさに言うと、100G以内に当たらなかった場合はほぼ800~950G付近まで連れていかれるイメージ。

ただハマればシナリオが優遇されるので、AT高継続からの完走が狙える。

そして高設定。

特に設定6は引き戻しモードの天井である300G付近をなかなか超えず、とにかく早めのゲーム数で当りまくるのが特徴。

むしろ150G以内の当選が連発! つまり、それを示唆する緑アイキャッチ(ステチェン)やらセリフ演出の緑、さらにはAT終了後のロゴ+キラキラなどがめっちゃ出やすいというわけだ。

両方を打った経験がある方なら雰囲気や体感でも十分に高低が分かるレベル。

つまり難しいことは一切考えずに、どちらの意味でも「割り切って打てる」のが本機の魅力の一つと言っていいだろう。

そして、もう一つの大きな魅力がAT中のシナリオ考察の楽しさと、グランドスラムを狙えるトリガーの豊富さだろう。

今回の実戦でもその二つが垣間見られたので順を追って振り返っていきたいと思う。

まず大ハマリを経て辿り着いたATは、1セット目緑、2セット目赤ときたのでツケマイ巧者か…と思いきや、香子出現からそのシナリオをズバッと否定。

こんなサプライズがけっこうな頻度で発生するからAT中のシナリオ考察は本当に面白いと感じる。5連まで頑張って約700枚を獲得。


続いてのATでは序盤から慌ただしい動き。

なんと1セット目の最終ゲームに青島が登場して継続、そして2セット目には榎木が登場して継続した!

まず初回の青島は、AT中の「青島並走抽選」に当選しての登場で、青島以外とレースをすればバカンスモードor逆襲の艇王という激アツの展開が待っていたわけだが、残念ながら青島登場で普通に継続。

そして大きかったのが2セット目の榎木登場である。

これは特に特殊抽選というわけではないのだが榎木登場=ほぼ勝利&逆襲の艇王に突入するという特徴がある。

しかも今回のように継続率示唆が白で登場した場合はその時点で勝ち確。

たいしたシナリオじゃなくても、こういったトリガーが存在するのが堪らないポイント。

 

ここをしっかり仕留めて楽しい時間に突入。

そこそこ消化したところでシナリオ9「艇界のヒロイン」が濃厚となったので、ALL75%以上継続となったのだが残念ながら6連で終了…。

あと2戦突破でグランドスラムだったがこれは致し方なし。

寸止めで悔しい思いはしたものの、この時点で低設定が濃厚&プラス収支となったので悔いなく撤収できた。

短時間ではあったが本機の魅力を存分に堪能しつつ楽しめた。

また忘れる前に打ちたいと思う。

 

ライター紹介

  • レビン
    パチマガスロマガ専属ライター
    レビン
    お気に入りの機種はひたすら打ち込みまくるスロマニアで、特に北斗シリーズ&番長シリーズへの愛と知識量は業界随一。「レビンの機種解説はアツ苦しいが超濃厚でためになる!」「本当の楽しみ方がよくわかる!」と、アツいスロ好きからも絶賛されている。また、プライベートではジム通いが日課となっており、編集部では「筋肉番長」の異名も持つ。プライベートでは一児のよきパパであり、パチンコを楽しむ一面も!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー