【パチスロ】念願の4ケタ上乗せがキタアアアアアア!?【レビン】

【パチスロ】念願の4ケタ上乗せがキタアアアアアア!?【レビン】

俺もその剛腕が欲しい

※過去の「言いたい放台」はコチラから!

今回はまたまたパチスロ蒼天の拳4でやらかした話。

数回前の日記で本機に対する軽い愚痴を書いたわけだが、まさに今回はその通りの不遇な展開となってしまった。

この日はAT後300Gほどハマっていた蒼天4に腰をおろして実戦を開始したのだが、当たったゲーム数はというと…お約束の1200G(天井)。

主にスイカやチャンス目でモードを上げ、モードが上がり切ったタイミングで強レア小役を引かないとそもそもCZの後半にいかない。

それでいて、いざ後半のバトルに辿り着いても小役を引けずにあっさりスルーするなんてことも珍しくはない。

今回は天井までにヤサカと1回、飛燕と2回も対峙することが出来たのだが、どのCZでも相手のHPをほとんど削れずにあっさりと敗北している。

ここまでで投資はすでに2万5000円。

300Gハマっていた台を打ってもこのくらい投資が膨らんでしまうのは日常茶飯事。

つまり1250枚出してようやくチャラという状況に追いやられたわけである。

そして文字通り「運命の刻」の結果はコチラ!

いやいやいやいや…。

さすがにリスクとリターンが噛み合ってないだろう。

ちなみに本機の天井は高確率で「双龍の刻 荒天」となる=右側は高確率で50枚のまま=天井到達の約3回に1回は50枚で終了となってしまう(レア小役成立の可能性があるので実際はもう少しマシだが)。

長い時間をかけてようやく当たったATが秒で終わったのは言わずもがなである。

ただ、さすがにこれでは不憫すぎるということなのか実戦上、初回で50枚選択時は高確率で救済措置である「再起の試練」に突入してくれる(確定ではない)。

ここをモノにすればまだ逆転の可能性はあるのだが…ここをしっかり引き戻すことに成功! 

しかも、ここの双龍の刻(荒天)がロング継続して…気づけば左側が1210枚まで育ってくれた。

数字上はこれを引いてもチャラなのだが、さすがにこれだけATを消化できれば途中で蒼拳ボーナス→双龍の刻ストックを何度かは取れるハズなので、仮にこれを獲得できればさすがに逆転は濃厚+少しヒキが良ければ完走も射程圏内。

…まあ「やらかした」と書いてしまっているので、もちろんこれを獲得できたわけはないのだが…。

結局、今回もチョロっと打って大敗。

いつになったら本機でまともに勝てるのか。

やはり4ケタをあっさり獲得できる剛腕(ヒキ)がないと色々と難しい台だわな…。

パチスロ蒼天の拳4の攻略情報はパチマガスロマガモバイルで完全網羅!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー