ガチプロ稼動録 ヘミニク篇 第一話 南国育ち30&サラ番2&ニューパルSPⅡ

ガチプロ稼動録 ヘミニク篇 第一話 南国育ち30&サラ番2&ニューパルSPⅡ

同期で同い年はウド茂作です。

こんにちわ、ヘミニクです。初回なのでまずは自己紹介をば。年は34歳、ライター歴9年目。初めて打ったパチスロは大花火、ドップリ打つようになったのは初代北斗の拳。パチスロで勝てるようになったのは2008年頃、2011年に会社を辞めてライターを目指して上京し、今に至るといった感じです。同期で同い年はウド茂作です。

私の稼働内容ですが、今のところ100%パチスロとなっています。去年、というか生涯の収支割合はパチスロが100、パチンコが0。とは言えパチスロしか打たないことに拘りがある訳ではなく、パチンコもパチスロも臨機応変にやっていくのが一番だと思っています。まあ私はパチンコが素人レベルなので、パチンコに関してはむしろここの記事で勉強する側ですけれどもね。

実戦したのはこの機種から!

南国育ち筐体
南国育ち30(アムテックス/2021年)

ってな訳で、今年1月中旬の実戦の模様をば。近所の6台並びで設定56が入る某店へ。朝イチは最近お気に入りの南国育ちからスタート。すると隣の台、そのまた隣の台が、朝から蝶が飛ぶわ飛ぶわ。6台並びで高設定ということを考えれば、否が応でも期待が高まる展開である。

 

…が、気が付けば投資3万8000円。そう、並びで高設定が入る場合の最悪のパターン、「残念!高設定は隣まででした~☆」 を喰らってしまったのだ。境目の席は軽々と見切ることが出来ない上に投資が嵩む、地獄の席なのだ。

hemi1

こちらも「6台並び」に該当か?

ニューパル

地獄から解放されたのち、なんやかんやで辿り着いたのはニューパルサーSPⅡのシマ。左隣が設定3以上、右隣が推測要素良好という、こちらも6台並びに該当してそうなポイントである。自分の台はボーナスこそ引けないものの、周りが強いしとりあえずこのまま打ち続けて大丈夫かな、的なテンションでカエルとの戯れを楽しんでいた。しかしその時事件は起きた。朝イチ目を付けていた南国育ちのシマが空いたのだ。

ニューパルの5か6、南国育ちの5 (データ的に6ではなさそう) 、どちらを打ってもほぼ変わらないが、私は南国育ちを選んだ。この台に対する経験値を増やしておきたかったのが移動を後押しした理由である。

hemi2

天国4連発で一矢報いる

南国育ち30

結果、短時間ながら初当り4回全てが天国へ移行するなど、高設定の特徴を体感して実戦を終えることが出来た。ニューパルSPも設定3以上確定が出ていたみたいだし、中盤~終盤にかけては良台を打つことが出来て満足です。

hemi3

期待できる状況を活かせず…

…ええまあ、投資が8万8000円にまで膨れ上がってしまっていたので、収支の方はドマイナスでしたけども。一台目の南国育ちにブッコみ過ぎた。…いや、そのくらい期待出来る状況だったんですよね。 6号機とカエルしか打っていないのに金使い過ぎである。

ライター紹介

  • ヘミニク
    パチマガスロマガ専属ライター
    ヘミニク
    パチスロに対する豊富な知識量を誇り、高設定を狙って良し、ハイエナして良しの高いパチスロ力と高い文章力を兼ね備えるガチプロライター。先輩はもちろん、後輩からもイジられるキャラは愛されている証…? 後輩の面倒見もよく、企画「スロマガアベンジャーズ」では皆をまとめ、勝利へ導くキャプテンとして頼りにされている。

新台導入カレンダー