魔法の液体でV入賞率大幅UP!? 15年以上経ち、屋号が変わっても未だ出禁のゴト師達!!

魔法の液体でV入賞率大幅UP!? 15年以上経ち、屋号が変わっても未だ出禁のゴト師達!!

はじめに

虚心坦懐のGoing Underground、第60回。

 


 

今回は、2004年頃のお話。

パチスロは、万枚到達率を抑えた4.7号機時代に突入。しかし、ホールでの人気の中心は、4.5号機の「北斗の拳(Sammy)」「吉宗(大都技研)」が中心であった。台の主流は、ストック機がほとんどで、大量獲得タイプの「主役は銭形(平和)」「シンドバッドアドベンチャーは榎本加奈子でどうですか(エレコ)」「さるかに711(ベルコ)」などがヒット。A400タイプではパチンコの確変のような機能が楽しめた「パチスロだよ黄門ちゃま(平和)」、液晶リールを搭載した「カイジ(ロデオ)」、人気ゲームとタイアップした初代の「鉄拳R(山佐)」、液晶演出が多彩だった「ボンバーパワフル(SANKYO)」などもパチスロ人気の一角を担った。虚心は、リセ後とストック無しが美味しい「デカダン(ネット)」を専ら悪戯していた(笑)。

パチンコは、遂に初当り確率1/360~1/500、確変継続率50%超えのいわゆる04基準機が登場。「CRフィーバー大ヤマト2(SANKYO)」を皮切りに「CRフィーバースターウォーズ(SANKYO)」「CRアントニオ猪木という名のパチンコ機(平和)」、そして、大ヒットとなった「CR新世紀エヴァンゲリオン(Bisty)」も登場した。また、海シリーズの人気にあやかり海をリスペクトした「CR超海(ニューギン)」「CR新海百景(西陣)」などが登場。久々の権利モノ「CRイタリアンドリーム(三洋)」「ぱちんこ怒ッ火山(京楽)」などもコアなファンから支持された。ハネモノも「ぱちんこ仮面ライダー羽根モノ(京楽)」「ダブルウイング(平和)」などが登場し、盛り上がっていた。

そんな中、「CRアクアパラダイスGP(SANKYO)」は、液晶を搭載したハネモノとしてデジパチの兄弟機とともに姿を現わした。

「CRアクアパラダイスGP」とは!?

賞球5&10、ラウンド振り分けは1:1:1=2R:5R:15R。ラウンドは自力継続も可能であったため、大当り出玉は150個~1100個くらいとなった。

大当りまでの流れは、ハネに拾われた玉が液晶手前の回転盤の磁石にくっつき、その玉が上部のVゾーンから伸びるアームに拾われれば大当りとなった。

ゴトの手口

玉に魔法の液体を塗ることにより回転盤にくっつく率を上げ、結果、V入賞率とラウンド継続率を強引に跳ね上げるというゴト行為。

ネカセ激悪なのに全台、2万発超え!!

「ハネモノは無制限だが、ネカセも釘もあまり状況が良くなく、いつもほとんど打っている人が居ない」ホールで、ある朝突然、「CRアクアパラダイスGP」が見たことのない連中によって全台確保されていた。不思議に思った虚心たちは、某スロットを打つ傍ら、「何か攻略ネタでもあるのか!?」と思い、時々、目をやっていた。しかし、ラウンド間の止め打ちすらしていない状況だったので、素人と判断して自分たちの台の稼動を続けていた。

しかし、時間が経ち閉店間際、「CRアクアパラダイスGP」のシマを見に行くと、全台2万発以上の箱が積まれていた。そこで虚心たちも、彼らが確実に何かをやっていることを確信した。

翌日、「CRアクアパラダイスGP」のシマは、全台、稼働停止になっていた。気になっていた虚心はその台を見てみると、全台のアクリル板が酷く汚れていた。これによりゴトということは明確になった。さらに、後日、この連中が出禁になったことも判明した。

 


 

それから、時は15年ほど流れ、被害にあったホールは屋号を変えて営業を続けていた。

アナログ機の下見をしに、たまたま虚心がホールに入ったときのこと。数人の店員が入り口付近に向かって走っているのを目撃した。何事かと思って目をやると、以前「CRアクアパラダイスGP」のゴトをやっていた人の面影が残る男性が入店しようとしていたのだ。店員たちはその男が入店しないよう、壁を作るような感じで追い返していた。15年経って、お店の名前が変わっても出禁は続くことと、15年も昔にゴトをした男を一瞬で見抜くパチンコ屋のセキュリティーには驚かされたものだ。虚心は15年前に指名していたキャバ嬢に挨拶されたとしても、絶対気づかないのだから…(笑)。

まとめ(いつものコピペ)

繰り返しになりますが、今回取り上げた話はゴト行為であり犯罪です。窃盗罪であれば10年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。

 

望まぬ形で犯罪を助長しかねないとも思い、記事の公開も悩んだのですが、注意喚起することがパチンコ業界の健全化にも繋がるとの考えから、ギリギリ書ける範囲にてアップしました。

 

ゴトは一部の人の不正行為ですが、我々パチンコファンにも影響があります。こういったゴト行為で出た損失は、設定状況や釘状況に影響し、巡り巡って私たちファンの負担になってしまうのです。

そうならないためにも、ホールさんにはくれぐれも警戒を頑張ってもらいたいものですね。

 

また、ゴトを行うような犯罪者は実在こそします。が、本当に本当に限られた極一部の人間なので、一般ファンの皆さんは過剰に反応せずに、どうかいつも通りパチンコを楽しんで欲しいと思います。

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー