第14回 カード放置のリゼロに見えた一筋のチャンス!

第14回 カード放置のリゼロに見えた一筋のチャンス!

カード放置のリゼロに見えた一筋のチャンス!

▼序盤の模様はコチラ


3台並びで高設定投入と聞こえはいいけれど、設置台数300台に対し設定5以上が18台なのだから、約16.5台に1台しか高設定が存在していない形となります。比率で言えば僅か6%。この程度の配分で高設定が点在しているような内容であったら正直言って魅力ナシ。しかしながら「並びで投入」、そして前述した「稼働が一段落した機種」という傾向が、なんとか足りない部分を補ってくれているから足を運んでいる次第。

そしてその傾向に合致する、押さえても良い場所が見えてきました。

その機種は『Re:ゼロから始める異世界生活』。当然朝から狙いに行った打ち手はいたのですが、いわゆる朝イチカードが軒並み弱かったらしく、カードのみ確認後に一旦全空き状態。そんな中座った一見客が「B天弱AT」挙動を見せたので、その左隣を押さえる事に。どうやら吉宗3は予想が外れて3連並びが無さそう。となると自分的にはリゼロには投入されている可能性は…大。

ってな訳で勝負開始です。今日くらいの傾向のホール条件となると、朝イチ1台目、悪くても2台目で高設定に辿り着いてないと厳しい。だからこそ早い出玉確保、いや、出玉より高設定挙動を得たいところ。

そんな気持ちで得た初白鯨戦は388G。アイテムは白のみだったけれど、撃破率は71%となってちょっとドキドキ。…しかし2戦目敗退。

んがしかし!


この初回有利区間データを見れば分かる通り、300後半白鯨から有利区間が継続してくれて500台で白鯨→ATへ。そして有利区間終了後カードはSSR。この台へ導いてくれたお隣さんは「幼少期レム&ラム」画面を出して設定3以上確定。もうこれ大丈夫でしょう。

あとは自身の台が設定5か設定6かの選別。まぁ5であろうと6であろうと、打ち切る事は確定ですが。ちなみに自分、このリゼロに関しては基本「設定6狙い」一択で「設定5狙い」はしません。設定5となると下手すれば半日以上低設定と変わりない挙動を見せる時もあるので、それを狙いに行くという事は困難を極めるから。しかしながらこのホールのように、「挙動以外の根拠が強くサポートしてくれる」のであれば話は別。以後の時間は設定5だとボチボチ訪れるA天の恐怖と、それを乗り超えた時の強ATをドキドキしながら楽しみたいと思います。

…なんて事を思っていたら、これがかなりの上出来挙動。途中までは「設定6!?」と期待を持たせる有利区間の使い方。しかしながらこれは有利区間開始時の強チェリーによる恩恵もあってか。

246円が出てくれれば、もうこれ安心の設定6なのですが、設定示唆演出で最初に出てくれたのはお隣と同じく幼少期レム&ラム。そして右隣はレジ音と共に「666円でーす」。こうなると傾向的に自分の台はほぼほぼ設定5でしょう。

やはり、終日通して246円を含めた偶数設定確定示唆は出る事なく設定5。…ではあったものの、恐怖におののく挙動を味わう事なく打ち切る事が出来ました。これ設定5の中ではかなり良心的な挙動だと言えますよ。本来ならもっとドッカンドッカンA天行くからね(笑)。

結果、最終的な獲得枚数は3725枚。投資500枚+2万5000円でなので3万7000円のプラスとなったのでありました。そんな最終手書きデータ&正式版実戦データはこちら!

※吉宗3の詳細データとグラフは省略


(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会 (C)DAITO GIKEN,INC.

この日記の裏話は3月31日の12時に公開予定! 実戦時の濃密情報を知りたい方は要チェック!!

▼日記の裏話はコチラ

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー