【驚愕】パチスロガメラ 102%の真実【編集部コラム・K太郎】

【驚愕】パチスロガメラ 102%の真実【編集部コラム・K太郎】

計算してみましょう

こんにちは。

先日、ガメラの設定1の機械割を計算してみたらが107%もあるじゃねーか!

といった内容の記事を書いたのですが、もちろん、現実はそんなことがあろうはずがなく。

じゃあ実際はどうなんだ? ってなことをちょっと考えてみました。

 

おさらいすると、判明している設定1の各数値は

・50枚あたり33.6G
・ボーナス合成確率1/219.0
・BIG対REG比率は6対4
・BIGは平均560枚
・REGは平均90枚

これをもとに機械割を計算すると…

50枚で33.6G回るということは、500枚で336G。

ここではわかりやすくするために5000枚の消費で3360Gとしましょう。

3360Gで当たるボーナスの平均回数は15.34回(3360÷219)。

BR比率が6対4なのでBIG平均9.20回、REG平均6.14回。

BIGで得られる出玉が5152枚(9.20回×560枚)、REGで得られる出玉が552.6枚(6.14回×90枚)。

つまり、5000枚の消費に対して5704.6枚得られることになり、3360G回した場合の差玉はプラス704.6枚です。

で、機械割の計算はOUT枚数(IN枚数+差枚数=10780.6)÷IN枚数(3360G×3枚=10080)×100。

これが106.95%、つまり約107%となったわけです。

 

 

当選から揃うまでのG数が含まれてない説

でも当然ですが、こんなに高いわけがない。

何かしら機械割を下げる要因があるはずだ、と。

 

で、色々考えてみました。

この機種はAT機なので、ボーナスが当っても、実際にボーナスが揃うまでにバトルやら何やらで数ゲーム要するじゃないですか。

もしかすると、この分がボーナス確率の分母に含まれてないかもしれません(あくまで憶測)。

さらにいうと、BIGに至ってはガメラ絵柄が揃う→初回のBARが揃う→13枚役が揃ってからようやくカウントが開始されます。

 

まぁ、このへんの正確なゲーム数は知りようがないので、ざっくりですが仮に「ボーナス当選後は平均10Gの前兆を経由する」としましょう。

で、これで計算してみると…104.52%(3360Gで差玉は+456.3枚)。

少し下がりましたが、まだだいぶ高いですねぇ。

BIG比率がもう少し低い説

次に考えてみたのがBIGとREGの比率。

設定1は6対4と言われてますが、実際はもうちょっとBIG比率が低くREG比率が高いんじゃないか(あくまで憶測)。

たとえば5.8対4.2でも、四捨五入すれば6対4ですよね。

でも、この分って結構大きいんです。

 

さっきの104.52%をもとに、BR比率5.8対4.2で計算してみると…103.20%(3360Gで差玉は+320枚)。

これでもまだ高い。

 

じゃあBR比率5.7対4.3だと…102.48%!(3360Gで差玉は+249.5枚)

おおー、かなり近づきました!

 

とまぁ、無理やり102%にしてみましたが、細かい内部数値がわからない以上、結論としては「わからない」です(笑

でもまぁ、102%あることは間違いなさそうなので、ここは信用して良いのでは。

 

ちなみに102%を終日(7000G)回した場合の差玉は約420枚=等価で8000円ちょい。

ボーナス回数を理論値通り引けたとしても、BIGが1個少なくてREGが1個多いだけでマイナスに転じる数値です。

 

なので、まとめると…

当たった際はBIGをひたすら祈りましょう、というお話でした!

ではまた!


ライター紹介

  • Kちゃん
    編集部
    Kちゃん
    以前はスロマガ編集部に在籍し、副編や編集長を経るも、今ではライター・和泉氏率いる草野球チームで細々と奮闘中(グラウンドのラインを引いたり水を撒く係)。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー