【パチンコ】勝てる台のアテはあるけど「打たない」立ち回り攻略!そのワケは…【ガチプロ稼働録】

【パチンコ】勝てる台のアテはあるけど「打たない」立ち回り攻略!そのワケは…【ガチプロ稼働録】

今回の更新は「はじめ篇第十二話」

▶「ガチプロ稼働録」過去の連載はコチラから!

▼コチラもオススメ!▼
役モノ系アナログ機種でデータを取る意味
パチもスロも稼動絶不調! 最悪の圧倒的大敗!?

年末を見据えての立ち回り

ここのところ、自分の稼働といえばパチスロがメインになっています。パチスロメインにシフトする前はパチンコばかり打っていました。10月頭ぐらいから徐々にパチスロにシフトしていって、今はパチスロの『押忍!番長ZERO』ばかり打っています。

パチンコはよっぽど展開が悪いとか、パチスロの状況が一変しない限りは打っていません。実はこれもひとつの立ち回り術なんですよ。

自身の稼働でパチンコが打てなくなったわけではありません。打てる台やアテになる店舗は見当がついています。では「なぜ今パチンコを打たないのか」というと、パチスロの打てる環境を見つけたという事が一番の要因ですが、パチンコを打たない期間が空けば空くほど状況が良化することもあるんです。

どうしてもパチプロが打つと、出玉がホールの予測の範囲を超えてしまうんですよね、だから他のお客さんに還元したくても少し渋ってしまうんです。しかし、そのパチプロがいなくなるとどうでしょう? 店もこれならいける!ってな感じで一般客に合わせた台状況になることがあるんですよね。

だからこういう時はパチンコとパチスロを行ったり来たりするよりは、どちらか(今回のケースではパチンコ)をしばらく打たないことに専念することも立ち回りのひとつなんです。

11月ともなれば、自分は年末も意識します。今打って刈り取ってしまうと、ホール側に気付かれて悪化してしまうこともあるかと思うのです。しかし、しばらく打たなかった自分の様な立ち回りをするプロが、年末仕様になったパチスロの設定状況に対応するため、パチンコへシフトするとどうでしょうか。あとは説明不要ですよね。

海系は打てる状況になりやすいシリーズ

さて、前述の理由でしばらくパチンコは打っていないので、今回は10月頭に打っていた時のことを書こうと思います。

この日、しばらく行っていなかったホールへ行ってみることにした。するとアテにしていた台がほとんど変わらない状況。いろいろ見てみると、以前少し打っていた『PAギンギラパラダイス 夢幻カーニバル 強99ver.』が少しはマシに見える。

久しぶりに来たのだからと打ってみると貯玉250個で初当り。しかし、電サポ中に当てることはできずにやり直し。

するとこれが少しハマって234回転という何とも言い難い回転数で大当り。このまま遊タイムへ行ってほしかったという気持ちと丁度貯玉プレー上限で当たってくれたという複雑な気持ちでトライ。

ドラマチックはじめクオリティだね。電サポ抜けたと思いきや残保留で当たり。もちろんラッシュなり!

これが4000個ほどになってくれてとりあえずは一安心。

稼働中、回転率が若干不安になる場面があったけど、個人的には持ち玉で打ち切れて満足

【実戦結果】
総投資金額…貯玉2500個
総出玉数…6389個
収支…+1万3800円相当

このデータを「パチマガスロマガモバイル」サイトの回転率ティーチャーに入力すると…

このような結果になりました。

これを、同じくモバイルサイトの「じっきゅうさん」に入力。

このようになりました。持ち玉なら自分の中では満足できる時給です。

パチンコは寝かせて休眠中な状態。次回はいったい何を打っているんだろう俺(笑)。

大丈夫! 期待値はあるから!

実戦台の機種情報は「パチマガスロマガモバイル」で!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー