その16 「パチンコで勝つなら保3止め、超大事!」という話

その16 「パチンコで勝つなら保3止め、超大事!」という話

「今回はもうこれから掲げちゃう!」

出ました、過去最短にして最重要のスローガン。メチャクチャ簡単だし、でも勝ってる人でやってない人は一人もいないほど重要なテクニックです。もう絶対と言っていい。負けを減らしたいなら絶対にやりましょう。


手順
保留が3つ貯まったら打ち出しストップ


これだけです。が、これがまた奥深い。そもそもは「保留が満タンになった瞬間に、盤面に出ている玉を極力無くす」のが目的の技術。そのために、盤面に出ている玉で満タンになるかもしれない保留3個点灯時は、前もって打ち出しを止めておく……というもの。今回は、保3止めをより深く説明する回にしようと考えています。理屈が分かると必要性を感じやすいですからね。3回連続みこすり半だった時の説明は後日に譲ります。ちなみにみこすり半は、3回で打ち止めでした。

山ちゃんボンバー パチンコの勝ち方
あれ? 山下、ハゲてない!?

「保留満タン時のヘソ入賞をどう捉えるか」

これ悩みますよね。抽選が受けられないから損かと思いきや、ヘソに入らなかったら死に玉だったところをしっかり3個なり4個なり返ってくる。「損してないよな?」みたいなね。これは結果から言うと確実な損。

理屈はというと、「1玉の価値」で考えればいい。例えば3個賞球の機種だとして、普通だったら「1回抽選+3個の払い出し」が1玉の価値。だけど、保留満タン時は「3個賞球」だけが1玉の価値となってしまう。つまり価値が目減りしてるわけですね。なので、保留満タン時に既に盤面に出ている玉は全て「価値が下がった玉」となるわけです。そういう玉を極力少なくするのが節玉となります。

ジョルノ・ジョバーナのゴールド・エクスペリエンスみたいになっとる(ジョジョ)。
ジョルノ・ジョバーナのゴールド・エクスペリエンスみたいになっとる(ジョジョ)。

「保留が3つ貯まったら、リーチ中も止めたまま?」

これは状況によります。打っている台が、出玉も考慮したボーダーラインを超えている台なら、無駄玉が極力出ないように2〜3発ずつ打ち出して保留満タンを目指した方が良いと思います。保留満タン時の時間短縮変動が、時間効率を格段に上げるので、より勝率・期待勝利額が上がるからです。

ボーダーを超えてないなら貯めない方がいいし、何より打つのをヤメた方がいいですね。遊タイム機なら、右打ち終了後をヤメ時にしつつね。

保3止めの大事さと状況に応じたやり方は理解してもらえたでしょうか? 簡単で効果絶大なので、是非やってみましょう。ちなみに3回連続みこすり半の時は、全部ハズレ保留でした。

無駄玉はダメだが、時間短縮変動の効果は無視できないゾ。

ライター紹介

  • 山ちゃんボンバー
    フリーランスライター
    山ちゃんボンバー
    現役お笑い芸人。パチンコは妻子ありの家庭を支える収入源というだけあり、芸人でありながら生活費のほとんどをパチンコで稼ぐその腕と知識はパチプロ以上! CS番組等にて活躍中の人気急上昇ライター……だが、お笑いは相変わらずの低空飛行。チンパン似として愛されるスベリキャラが定着している。

新台導入カレンダー