【パチスロ】バイオRE:2で念願のロンフリ引けたぞ~!【レビン】

【パチスロ】バイオRE:2で念願のロンフリ引けたぞ~!【レビン】

フリーズ性能を考察!

※過去の「言いたい放台」はコチラから!

 

最近打ちまくっている「パチスロ バイオハザード RE:2」。

普通に打っても面白い台なのだが、前々回のコラムでお伝えした「逆押し手順」で打つとさらに面白さがパワーアップするので、まだ知らない方はぜひそちらも併せてご覧頂きたい。

前回のコラムへ

今回のコラムでは、本機の爆裂トリガー「ロングフリーズ」について触れていきたいと思う。

発生条件や確率などいまだ不明な点が多いこのフリーズではあるのだが…なんと!

つい先日コイツを引くことに成功してしまったのでこの時の挙動を振り返りつつ、フリーズ性能というものを考察していきたい。

まず引いたタイミングから…なのだが、AT終了後100Gほど回した瞬間だった。

この日の差枚がプラスに転じた直後ということもあり「完走しても2400枚ちょい!?」といった複雑な状況ではあった。
※本機は差枚がマイナスだった場合、基本的に有利区間は引き継ぎ

まあ発生条件は不明とはなってはいるが、画像を見れば分かる通りロングフリーズ発生=バー揃いリプが必ず成立しているので、このリプレイ成立の一部で発生すると考えて差し支えないだろう。

 

ちなみに本機のリプレイはバーが揃うリプレイ(赤7を狙えば赤7が揃う)とバーが揃わないリプレイが存在しているので、前者のリプレイのみ発生する可能性があるということだ。

ロングフリーズを引けば、初回ボーナス消化後にプレミアムハザードラッシュ(以下PHR)→スーパータイラントボーナス(以下STB)を繰り返していくことになる。

では、今回の結果に触れる前にまずはこれらの性能を簡単におさらい。

まずPHRというのはボーナス当選まで続く無限ATなのだが、通常のAT中と同じように基本はハズレ(15枚ベル&こぼしを含む)5回とレア小役でボーナス抽選がおこなわれる。

それに加えて規定リプレイ回数でもボーナスに当選する可能性があるといったものである。

通常ATでいうところの超高確「脱出路」消化中に近い感じである。

そして晴れてSTBに当選したら、スーパータイラントとの一騎打ち→負けなければ継続という流れを繰り返していくことになる。

このループ率がザックリと約80%となっているのだが…実は厳密に言うとPHR中に何でボーナスに当選したかで継続率が変動する仕組み(レア小役での当選はチャンス)。

さらにSTB中のレア小役で継続ストックの獲得抽選もおこなわれているので、これらをすべて加味した期待度であることを知っておくべき。

だいぶ説明が長くなってしまったが…こういった性能であることを考慮すると、ロングフリーズを引いた場合は「複数ストック」などの恩恵が考えられる。

もしくはPHR終了後のATが高レベルになるとか。

実際に今回のPHRの結果はけっこう頑張って9連まで伸びてくれた。

しかも、序盤(2連目まで)はレオン先制でロケットランチャーを撃っていたのでストック所持であった可能性は高い(ロケットランチャーは次回継続も濃厚)。

そして通常ATに戻った後はというと、初回こそ警察署スタートだったがその後はすべて下水道or研究所スタートだったのでATレベルが高かった可能性も十分(初回通常AはATレベル1確定だが、PHR後は初回扱いではないので高ATレベルは否定されない)。

ということで、順風満帆な感じのままエンディングへと到達。

やはり予想通り、獲得枚数は2527枚止まりとはなってしまったが、本機のロングフリーズの爆発力は十分に味わえた。

ロンフリ、ロンフリがなくてもPHRに当選、さらにはプレミアムパンデミックボーナスからの爆連など、とにかく色々な場面から大量出玉を狙えるのが本機最大の魅力と言っていいだろう。

通常時に沈黙を切り裂く「プチュン!」が突然きたら…大いに震えて良しっ!!

 

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中! レビン出演動画はパチマガスロマガTVで!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー