上乗せやボーナスの起点となる『タイムイベント』がアツ過ぎる!!【タイラの新台語りタイ! パチスロ楽園追放編】

上乗せやボーナスの起点となる『タイムイベント』がアツ過ぎる!!【タイラの新台語りタイ! パチスロ楽園追放編】

超高密度ATを体感してみた

アニメにはてんで疎い自分。失礼ながら本機の原作も知らなかったのですが、人気アニメ映画のパチスロ化ということで、その世界観をしっかり活かしたゲーム性になってるようです。

実際、自分も試打した中でストーリーが気になっちゃったりして、久しぶりにアニメを観てみようなんて思っているくらい。それほど独特な雰囲気を持った本機ですが、ATに突入した際に、派手な音と共に聞こえてくるのが「1220秒守り切れ!」という声。パチスロではあまり聞き慣れない“秒数”という概念。果たして、これがどうゲーム性と絡んでくるのか…そちらも合わせて紹介したいと思います!

①どこから打っても100G以内の当選率50%超!

本機は「プレイヤーファーストSPEC」と銘打たれ、考え抜かれたゲームバランスとのこと。50枚あたり約38Gのコイン持ちに対し、当りやすさとATの一撃性能を備えています。

AT突入ルートは以下の3種類。

試打での印象だとメインはCZ成功による当選だと思われます。そして、そのCZ自体にも様々なルートで入るため、たしかに常にチャンスを感じられる仕様になっています。レア小役が引けずとも規定ゲーム数消化でCZに突入するルートもあるため、割と安定感もアリ。

②約7Gに1回チャンスが訪れる超高密度AT

AT「FS防衛戦」
●ゲーム数上乗せ型AT
●純増約4.0枚/G
●初期30G+α

さて、本機のATは“超高密度AT”と銘打たれているだけあって、ギュッと詰まった楽しさを味わうことができます。

というのも、上乗せやボーナスの起点になるのがタイムイベントと呼ばれるもの。ATゲーム数のほかに、毎ゲーム成立役に応じて“防衛時間”と呼ばれるものが加算されていきます。そして、タイムイベントはその規定時間到達で発動。これが平均すると約7Gに1回というペースで来るというわけです。

主なタイムイベント成功時の報酬
●「エンカウントイベント」…ゲーム数上乗せ
●「ボムイベント」…継続バトルの敵を強い順にあらかじめ撃破
●「ジャミングイベント」…ゲーム数減算ストップ&高確移行
●「ポッドイベント」…ゲーム数上乗せorボーナス

なお、タイムイベントは1G完結の自力ゾーン。レア小役を引ければ大チャンスなのはもちろんのこと、ベルでも40%以上で成功。他メーカーの機種ですが、例えるなら「押忍!番長3」の対決が頻繁に来るみたいなイメージ…ですかね。

③1220秒守り切ってエンディングを目指せ!

それぞれの時間到達時に原作のエピソードが観られるわけですが、最終的に1220秒到達でエンディングが発生し有利区間完走となります。

そう、これが“1220秒守り切れ!”ということなんですね。“防衛時間”は、ただタイムイベントに突入させるためのものではなく、最終的にトータル1220秒を目指すというものでもあるんです。

タイムイベントをコンスタントに成功させることで、ATのロング継続を目指し、1220秒まで守り切る。これが本機の最終目標。ちなみに実際に遊技する際、エンディング到達までにかかる時間はおよそ………1220秒とのこと。芸が細かい!

というわけで、ゲーム数だけではなく“秒数”という概念により、緊張感溢れる“超高密度”の名に恥じないAT機となっているんじゃないかと。原作の映画も2時間弱の作品ということで、自分もチェックして来たる実戦に備えたいと思います!

パチスロ楽園追放の解析情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!

ライター紹介

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー