第46回 設定5は確定するもラストに天井到達で万事休す!?【しのけんの喰うならやらねばF】

第46回 設定5は確定するもラストに天井到達で万事休す!?【しのけんの喰うならやらねばF】

設定5は確定するもラストの天井到達で万事休す!?

▼序盤の模様はコチラ

設定6に関しては明確に青玉からのATヒット率は上がっていると予想しているものの、そのヒット率は設定が上がるに従って段階的に上がっているものなのか、設定6だけが抜きん出て高いのか。その判断が出来ていない中での、この一発ヒット。こうなると段階的に差がありそうにも感じますね。

こうやっていろいろ憶測を交えながらデータを蓄積し、確信に変わったり、逆に否定されたり。これもパチスロの楽しい一面。そして現状打っている北斗宿命シマが、全台高設定シマである可能性に関しては、憶測から確信に変わってきだしました。

と言うのも、更なる追加投資9000円後からは順調に初当りを引いたのですが、うち2回が設定差特大の「リプレイからの直撃」。

リプレイからの直撃


更に、その2回目のリプ直撃でのAT後、黒トロフィーが出現! 次のAT終了後が楽しみになりましたよ。

しのけんデータ03


楽しみとは言え、「通常初当りからの赤7」や、「青7での3連や11連」等、設定6では非常に起こりづらい挙動が早々に発生しているので、やはり設定は4か5。果たしてそのどちらなのか。

生まれたての小鹿のように、プルプル震えながらパッカーンと黒トロが昇格したのは419Gで引いた青7が2連終了した時。その色は…。

キリン柄トロフィー


キリン柄。それすなわち設定5以上確定!

いやもう設定5以上ではなくて、設定5確定レベル。なぜなら推測要素はもちろんの事、設定6が確定したお隣さんの台と挙動が違いすぎるから。

お隣さんは以前話題にした設定6挙動の特徴、「青7が主に4連~6連で終了」を強烈な初当り出現率で繰り返し爆裂。自分はと言うと、更なる赤7を引くもチャンス逃して出玉伸ばせず。初当りも重めで、ついに…。

 

しのけんデータ05


…午後8時半、全てのコインが飲まれてしまいました。

この時間からの現金投資は躊躇するものの、設定とゲーム数的には天井目指してGO。いやまぁ、天井前に当たってくれる事に越した事はないのですが、こういう時は大概到達しますよね…天井。

追加投資1万3000円にて天井に到達し、青7。これはさすがにラストAT。設定6であったら4連~6連あたりに強烈なリミッターが存在するけれど、どうやら今日のシマ状況、そして体感的にはそれ以外の設定45には、そのような挙動は見受けられないので、青7でも伸ばせる可能性もアリ。総投資は3万円。少しでも負債を取り戻してヤメたいところですわ。

なんて事を思っていたら。

しのけんデータ06


本当に青7が伸びてくれて、なんと15連! 最後の1撃で差枚ではプラスで終える事が出来たのでありました。良し!

換金ギャップ的にはマイナス3000円で終了となってしまったけれど(※実際には全て貯メダルしたので現段階では換金ギャップは無し)、今回初めて明確な設定5データを集める事が出来た経験は大きなプラス。

そして思ったのは、やはり6.1号機と言え「設定6だけ顕著な挙動は健在」という現実。とても良い経験を積めた事に満足し、帰路につくのでありました。

最終手書きデータ&正式版実戦データはこちら!

トータルデータ スランプグラフ 正式版データ トータル収支

この日記の裏話は5月29日公開予定! 実戦時の濃密情報を知りたい方は要チェック!!

▼日記の裏話はコチラ

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

新台導入カレンダー