【パチンコ 天国地獄】こんなに勝ち続けたら仕事もしなくなる

【パチンコ 天国地獄】こんなに勝ち続けたら仕事もしなくなる

パチンコを打っていれば誰にでも1日単位で「ツイてる日・ツイてない日」は訪れるもの。

勝てる台を打っているのであれば、稼動日数を増やして試行していけば必然的に勝てる。……だがしかし! 不思議なもので、運の良し悪しが1ヵ月単位で続くことがある。それはガチプロとて決して例外ではない。

普段から高勝率を叩き出す彼らの思い出に残る1ヵ月の勝敗……コレを語ってもらおうというのが『パチンコ 天国地獄』。今回はお盆と言うことで、過去のお盆実戦について書いてもらった。

本日登場するガチプロは果たして、パチンコでどんな目に逢ったのでしょう……?

まさに天国から地獄へ

TAKA
▲ライター『TAKA』の地獄体験

皆様こんにちは、TAKAです。今回は僕がお盆期間に地獄を味わった機種をご紹介します。それは初代の『沖ドキ!』です。

 

沖ドキ!

今から丁度4年前、2018年の7月に当時働いていた昼間の職場を退職しました。というのも、ガールズバーを経営しているホスト時代の先輩からボーイにならないかと誘われて、単純に給料がそっちの方が良かったのでそのお話を受けることにしたんです。

ただ少しゆっくりしたかったのもあり、8月の1日からではなく、10日ごろから働くと伝え、その間は大好きなパチスロ三昧の日々を送ることにしました。

すると、1日こそちょい負けで終わるも、3日に『沖ドキ!』で10万勝ちを納めると、その後も順調にプラス収支を重ねていき、10日の時点ではプラス18万円ほどになっていました。

収支

打っていた台は『沖ドキ!』をはじめ、ジャグラーシリーズやハナハナシリーズで立ち回り、主に設定狙いです。これらに共通して言えることは、設定が分かりにくい機種だということ。ただプラスになっていたので、勿論高設定を打てているのだと当時は思っていました。

更に気持ちが高ぶりすぎていたせいか、8日の時点で先輩にはガールズバーで働くのを9月にして欲しいと伝え、引き続き勝つ気満々です。こうなってくると、

「お盆期間は設定に期待できないから行くのをヤメておこう」

などとは微塵も思わず、設定が入っている台が少なくても座れれば問題ない。と、お盆期間中も毎日稼動した結果、地獄を味わうことになってしまったんです。その収支がこちら。

収支

「どうしてこうなった?」

まさにこんな気持ちでした。13日の時点では、正直ガールズバーの仕事を10月からにしてもらおうか悩んでいたくらいで、まさか14日からの4日間でマイナス収支に転落するとは思いもよりませんでした。

この4日間は全て『沖ドキ!』で負けたもので、何の根拠もなく設定狙いをしていた当時の自分の立ち回りに今はゾッとしますが、良い思い出にもなっています。

まさかこんな自分が、その1年後にパチマガの旅打ち企画に参加してゴールしているなんて人生分からないものですよね?

ちなみにガールズバーには18日から働き始めました(笑)。読者の皆様もお盆期間に波の荒い機種を打つ際には、くれぐれもお金の突っ込みすぎにはご注意下さい。

パチンコ 天国地獄関連記事

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー