何でもエロく解釈するのもパチンコの楽しみ方【和泉純のちゅーか、玉タマ日記⑩】

何でもエロく解釈するのもパチンコの楽しみ方【和泉純のちゅーか、玉タマ日記⑩】
パチマガ誌面で「2011年11.27号」あたりから掲載されていた、和泉純のミニコラム。それが『玉タマ日記』だ!

前回は「パチンコにエロがタブーになっていることへの問題点」をガルベス(巨人) ばりに投げつけたわけだが、 メーカー側も完全に無抵抗なわけではない。

さりげなくエロをちりばめてる演出も実は多いのだ。

例えば「プロポーズ大作戦」で鬼奴が熊田まさしの横で下に潜るシーン。あと、エヴァでミサトが缶ビールを飲んでる時の下クチビルもエロいね。それから、サミーのハンドルなんて貝にしか見えないし、牙狼の図柄はほぼチンコだ。

このように、何でもエロく解釈するのもパチンコの楽しみだと俺は思う。……は?

SanseiR&Dの「Pジューシーハニー3」(2020年)より。水着のセクシー女優さんで妄想するのは我々の自由☆(担当編集)

昔のタマを「和泉純」にイジってもらう!

「本人が自覚していないエロ」……これこそが究極のエロ。

Twitterでそういうものを見つけた際は積極的にリツイートする。現在、そういった活動を地道に続けている。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー