第108回 『麻雀物語4』の設定推測要素はコレだ! ボイス示唆&共通ベル編【しのけんの喰うならやらねばF】

第108回 『麻雀物語4』の設定推測要素はコレだ! ボイス示唆&共通ベル編【しのけんの喰うならやらねばF】
▼裏話の前編はコチラ

(前編からの続き)

しのけん(以下・し)『設定推測する時の注意点は、「有利区間移行後1発目の天国を省いた天国移行率」をチェックする感じかな。あともう一つ、設定4以上確定台だけに出た挙動があって』

担当(以下・担)『なんでしょう』

『強チェリーからの直撃っぽい挙動が1回あったんだよね。これは自分が打った低設定であろう台では終日通して1度も無かったし、メーカー的にも設定差ありそうな部分だから気になるかな』

『それは確かに気になりますね。続いてAT終了時のボイス示唆や日記でも触れていた共通ベルについてなのですが…』

『一応前回も貼った低設定台と設定4以上確定台 の比較データを改めて』

 

『こちらにAT後のボイスも書かれていますが、そもそもこのボイスは設定示唆なんですかね? それとも次回のモード示唆なんですかね?』

『それに関しては、メーカーの携帯連動サービス「打-WIN」内に気になる記述があってさ。コレなんだけど』

『…むむむ、「モード示唆演出」カテゴリーにAT後のボイスが含まれていますね』

『そうなんだよね。最初は設定示唆だろうと思ってデータを集めていたんだけどさ。これを素直に読む限りモード示唆なのかなぁと』

『そうなりますよね』

『で、ボイスとその後の挙動を気にしてみたんだけど…正直分からん(笑)』

『わはは。分からんですか(笑)』

『これがAT後のボイスを抽出したデータで』

『まぁ低設定台と比較すると、明らかに設定4以上確定台の方が「明日天気になーれ」と「私はいつでも多面待ち」のボイスが多いから、この二つが高モードもしくは天国モード示唆なのかなと』

『あと設定4以上確定台だけ「レッツゴー』ボイスが発生していますね』

『うん。一応データ上ではそのボイスが出た後128G以内でヒットしているから天国確定なのかねぇ』

『なるほど』

『ただ、この掛け声だけ主人公4人全員の声だから、さっき載せた打-WINの記述にある「全員集合…だと!?」の事なのかも。一応モード示唆だけでなく「良スタンプ」での設定示唆が出るタイミングだから、コレは設定示唆の可能性もあるかもね』

『前回のデータを踏まえると、天国含めた高モード移行率に設定差がある事は間違いなさそうだから、ボイスが例えモード示唆でも、高モードの可能性がありそうなセリフ多発=高設定の期待度アップという判断にはなりそうですね』

『そうだよね』

『最後に共通ベルなのですが』

『メーカー開示の情報が現状これのみで』

『設定1のみ数値が出ていますね』

『うん。で、日記にも書いたけど、AT中ナビ無しベルをカウントすればOKかと思ったら、ナビ無しベルなんて存在しないし、そもそも左第1停止のナビも出なくてさ』

『なかなか面白い仕様ですよね』

『そんな訳で共通ベルは判断出来ないのかなと思っていたんだけど。通常時にフと「通常時は左第1停止でもベルが揃う時あるぞ」と。そんな訳でそれを共通ベルと仮定してカウントしてみた結果はこんな感じ』

『低設定台の方は唯一数値が開示されている設定1の共通ベル確率に近い分母で、設定4以上確定台の方はそれより出現率が高くなってはいますね』

『だよね。高設定ほど共通ベルの出現率が高いのは間違いないだろうから、「通常時ベル=共通ベル」であれば、通常時常にカウント出来る設定推測要素として重宝はするかな。まぁ確率の開き次第ではあるけど』

『いやはや、1日の実戦だけでよくここまで推測要素と成り得る部分を予想できますね。最後に、当初から推測要素と言われている「テンパイロングビーチ」出現率に関してはどう思いますか?』

『それに関しては、推測要素に活きるかは正直懐疑的かな。仕様的に有利区間終了を通常時に踏むかAT中に踏むかで出現率が大きく変わりそうだし。一応低設定台は約1/1799、設定4以上確定台は約1/1166と差はあったから参考にはなると思うけれど、それより前述した各種要素、特に天国モード関連を重要視したほうが良いと思う』

『なるほど。ありがとうございます。麻雀物語4は今後も打つ機会ありそうですかね?』

『それは厳しいかな設置状況的に。面白かったし、せっかくだからもうちょっとデータを集めたいんだけどね。まぁチャンスあれば打ってみるよ』

『個人的には、今回の実戦による仮説と、今後出てくるかもしれない各種解析数値を照らし合わせる事が楽しみです』

『あくまで仮説だから、見当違いだったらゴメンね(笑)』

 

次回の日記は9月14日(木)更新予定!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー