1/199なのに1/500より悪い!? 攻略で挑むも地上最強の壁は厚いッ!!!【ガチプロ稼働録】

1/199なのに1/500より悪い!? 攻略で挑むも地上最強の壁は厚いッ!!!【ガチプロ稼働録】

イメージ回復に必死!?

この前、父親の七回忌を迎えた袴一平っす。父親は僕と違ってクソ真面目だったけれど、不思議と親子喧嘩は少なかったんすよね。

そんな親父の墓参りにもコロナ禍の影響でまったく行けていないので、この実戦が終わったら帰郷しようかなまん防も明けたし。

実戦当日は朝に野暮用があったので昼に入店。この店舗は『新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~』で導入当初からエグいほどぼったくっていたホール。多分コケると踏んで早々に費用回収したかったんでしょうね。

が、その後の動向を見て増台までしたんすけど、一度離れた客が戻ることもなく状態だけ少し良いまま放置されているんすよね。まあ打ったことはないから良状態とは断言できないけど。そんなわけで一番良く見えた台で実戦開始っす。

打ち出すと、玉の動きなどは悪くはないけど良くもない微妙な感じ。時折現れる銀ステップアップ予告に「あ~、そういや通常時はメリハリが凄かったなあ」と久々の実戦を懐かしんでいたら、

突如、ステップアップ予告の金ステップ2。

ロンギヌスの槍通過予告経由で零号機に発展してハズレ。まあよくあるパターンだよね。ハズれた後は静かに次変動…。が、保留の減らない嬉しいサプライズ

もちろん復活大当り!

ここで大きく連チャンしてくれれば持ち玉遊技で終日実戦も可能だったけど、

初回含めて3連チャンは微妙すぎっす。現時点で通常時消化回転数は200回、投資が2375個と回転率も微妙な感じ(21.05回転/250個)。終日打つならやっぱ22回転/250個は欲しいところ、個人的にはね。

そんな目論見は大きくハズれて持ち玉と残りの貯玉125個で274回転(通常時)。

※写真の液晶内回転数はST消化回転数を含む

回転率はトータルで20.3回転/250個まで降下。もちろんここから良くなる可能性もあるけど、求める回転率には届かないだろうし現金投資も危険と判断していったん離脱っす。

2台目は…意外とオーバー入賞するよ!

さてアテがハズれたもんだから大変。今いる地域だと他に打てるのは『P大工の源さん 超韋駄天 LIGHT』か『PAコードギアス 反逆のルルーシュ LIGHT ver.』くらいだけど、超韋駄天LIGHTは以前実戦しているし却下。コードギアスは混む店だし打てない可能性も。

何かないかと携帯のメモからアテになる台の記録を探していると、最近『Pバキ』を増台したホールの199ver.の状態が良かったって書いていたので急いで行ってみると、残念ながら稼働中。

しばらく待って空いたので光の速さでキープすると、

めっちゃハマっている。

早速状態を確認すると…ちょっと悪化している。それでも打たなきゃならない、完全自己責任の締切間近。何で余裕を持って行動しないかなあ…教師の息子なのに。

そんなどうでもいい情報は置いといてと。実戦を再開すると、エヴァもびっくりするくらい淡々と回転数だけが積み上がる。

貯玉(2500個)分では足りず、現金投資を始めること4500円、

ようやく309回転目で当たったのは「バキチャージ」。

こいつは当たっても2R分の出玉がもらえるだけだし、早く「地上最強の親子喧嘩」が欲しいよね。

ちなみに本機の下アタッカーは15個賞球で、ワンツー打法(オーバー入賞促進打法)の成功率もそこそこ高い。ぜひとも実践して欲しいっす。

本機の下アタッカー狙いのワンツー打法手順(オーバー入賞促進打法)

①7個目まで弱めに打つ
②8個目を弱めに打ってすぐに1個強めに打つ

なお、下アタッカーは8カウントなので間違わないようにね。僕はすぐに勘違いして成功率が2割程度でしたが、多分3~4割は成功すると思うっす。

そうこうしているうちに、また200回転超えのハマリ。

まあ当たらないのは仕方ないんだけど、回転率が現状21~22回転/250個なので早く持ち玉は欲しいよね、やっぱり。

ってグチった瞬間に、

親子喧嘩図柄テンパイ後のボタンが赤で「地上最強の親子喧嘩」に突入。しかもV穴がど真ん中にある状態で、

からの~

瞬殺(笑)。

その後も親子喧嘩は遠く、バキチャージを挟んで257回転目(累計900回転目)に鬼熱カットインから花山VSオリバの赤タイトルで本日二度目の親子喧嘩。

これがハズれたり、当たってもショボ連なら大敗確定ってな重要な局面で、

無事、第一段階クリア。あとは連チャン率約89%の実力を遺憾なく発揮してくれたらと思っていると、即最終変動。もうこの時点で諦めてはいたよね。だって続く気しないもん。

そしたら、

継続濃厚の千春登場!

いやあ名前を見た瞬間、マジで半端ない安心感っすね。その後は最終変動まで引っ張られることなく連チャンし、

何とか16連チャン。獲得出玉がそこまで伸びていないのは、カウント数を度々間違えたからオーバー入賞率がやや低くなったから。歳を取るとこうなるんすよ! みんなもそうなるっすからねっ!!

やっと持ち玉遊技となったはいいけど、実戦可能時間は残りわずか。「この連チャンがもう少し早ければなあ」とヘコみながらも最後まで諦めずに打ってみたけど、再度バキチャージに当選だけして実戦終了っす。

【2台トータルの実戦結果】
総投資金額…貯玉5000個(約1万7850円)+2万5000円
総出玉数…5600個
交換額…2万0000円
収支…-2万2850円
Pバキ199ver.の千円あたりの回転数…21.14回転(打ち込み個数で計算)

小当り当選時は要注意!

本機は、基本的に小当りからしかバトルモード(連チャンモード)に突入しません(1/319の1%もあるが現実的ではない)。

ここで重要なのが打ち出しタイミング。地上最強の親子喧嘩当選時は、Vアタッカーの開放まで結構な時間待たされるんすよね。もちろん本機の右ゲージは最終的に1個賞球のポケットにほぼ入賞しますが、ここの状態はよろしくない店舗が大半。打ちっ放しでは結構な無駄玉が発生しちゃいます。

なので、右打ちの指示が出た後、Vアタッカーが開放したのを確認してから打ち出すことをオススメします。

また、右打ち中のVアタッカー狙いも「図柄揃い後に1回目のアタッカーが開いた後、少し間を置いてから打ち出しを開始すればOK」っす。なお、Vアタッカーは数個拾うまでV入賞しない(アタッカー数回開放でも有効かも)ので、V入賞するのを確認するまでは打って下さいね。たとえ1個賞球で増える見込みがなくとも。

しかし、通常時1130回転近くまわして2回しか引けないもんかね、1/199が。やっぱ親子喧嘩慣れしていないからかしら(絶対関係ない)。

実戦機種の攻略情報は「パチマガスロマガモバイル」で!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー