第27回 かつて実在した攻略法シリーズ⑬ 右打ちするだけで、 期待時給5000円超え!?~CRベノムの逆襲~

第27回 かつて実在した攻略法シリーズ⑬ 右打ちするだけで、 期待時給5000円超え!?~CRベノムの逆襲~

はじめに

今回は最近……と言っても、11年程前の2010年頃のお話。

 

当時のパチスロは、Aタイプで圧倒的人気を誇るジャグラーシリーズでは「クラッシックジャグラー(北電子)」などの兄弟機が続々登場し、徐々にART機の人気も出てきはじめた頃。

中でも初代「エウレカセブン(Sammy)」が大ヒットし、「バジリスク~甲賀忍法帖~(ミズホ)」「バイオハザード(山佐)」「悪魔城ドラキュラ(KPE)」なども登場した年。

虚心的には「Rio2プレミアム(ネット)」「デコトラの鷲(大都技研)」「銀河英雄伝説(ミズホ)」がめっぽう好きで、珍しく趣味打ちをしたことも…(笑)。

パチンコの方も盛り上がりを見せ、初のVコン搭載の「CRF超時空要塞マクロス(SANKYO)」や初代「ぱちんこCR蒼天の拳(Sammy)」などが登場した。

パチンコ、パチスロにてメーカーの垣根を越えて「あしたのジョー」(パチンコは京楽、パチスロはSammy)などが登場した年でもあった。

 

そんな中、一風変わったスペックとして登場したのが「CRベノムの逆襲(TAKAO)」であった。

「CRベノムの逆襲」とは…

大当り確率1/234.9、20G1セット(1G50個増で1セットあたり約1000個)の一般電役機。

さらに本機では「ラッシュチャージシステム」という機能を搭載し、1~19Gは約1/20、20Gは約1/1.9で20G1セットの上乗せ抽選を行っていた(1~19Gで当選した場合、残りG数は消滅し、新たに残り20Gから再スタートする)。

上乗せ継続率は82.3%、1回の大当りの期待出玉は約3590個だった。

CRベノムの逆襲(TAKAO/2010年)
CRベノムの逆襲(TAKAO/2010年)
ベノム
ベノム

攻略法の内容

この機種は液晶で展開されるメイン抽選が小デジの変動抽選だったため、それまでの一般電役同様、ヘソでもスルーでも、同等の抽選を受けることが可能であった。

 

《手順》

通常時から右打ち。

 

たったこれだけで、千円あたり30回近く回る台もあり、導入当初は時給5000円超えになる台がゴロゴロ存在した。

また、一般電役特有の止め打ち効果も大きかった。

攻略法の出所は?

この機種の仕様と右ゲージを見れば、昔の「ドラゴン伝説ZZ(豊丸)」などの一般電役で、通常時から右打ちスルー狙いで回したことがあるプロならすぐに気づいた攻略法。

既に導入前から、仲間内では話題に。

猫も杓子も右打ち攻略…!?

普段からどの台でもスルー状況の良いホールを、導入から3日間ほど狙って打ちに行ったが、3日目ともなると明らかにプロでもない人たちまで右打ち…もはや、シマ全体が右打ち状態となっていた(笑)。

当然、「ネットの情報拡散、怖っ! こりゃ、もう明日から喰えなくなるな」と思った。

そして、予想通り翌日にはどのホールも見た目からしてスルーが通せんぼ状態。知人攻略プロのテリトリーでも、スルー手前の釘がバレーボールオリンピック代表のブロック並みのガードだったとか…。結果、ホールでは軒並み「通常時の右打ち禁止」になっていった。

既にネット社会ということもあり、こうしてこの攻略法は数日間のお祭りで終了した。

ライター紹介

  • 虚心坦懐
    パチマガスロマガ専属ライター
    虚心坦懐
    限りなく漆黒に近いグレーパーソン。しかし、その知識は半端なものではなく、怪しい噂のある「攻略」は大抵知っている。アナログ系の役モノパチンコにも強い。ちなみに、真性のキャバクラ好きで、10割がキャバクラ攻略の話……らしい。まさに、攻略特化型なライター。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー