パチンコとは違い、画面があまりキレイすぎてはいけないものもある【和泉純のちゅーか、玉タマ日記⑤】

パチンコとは違い、画面があまりキレイすぎてはいけないものもある【和泉純のちゅーか、玉タマ日記⑤】
パチマガ誌面で「2011年11.27号」あたりから掲載されていた、和泉純のミニコラム。それが『玉タマ日記』だ!

地デジって画面キレイだね。そろそろ地デジ難民から脱却せねば……。

画面といえば、パチンコの液晶もすごいね。 例えば 「炎」なんてやたらリアルだもん。でも、画面があまりキレイすぎてもいけないものもある

そう、お察しの通りエロDVDだ。

昔はダビングにダビングを重ねたような粗い画質のばっかりだったもんね。当然思春期に見た興奮を引きずるわけだ。いや、わけです。だから普通のテレビを見てても、ふいに粗い画質の映像がでてきたりするとカウパってくる。あれ? 以前もこんなようなこと書いたな……。

豊丸の「CR豊丸とソフトオンデマンドの最新作」(2017年)より。パチンコではどんなシーンも美麗な方が良いと思います!(担当編集)

昔のタマを「和泉純」にイジってもらう!

人の興奮材料は思春期に形成されるのか、俺は中学生の時に友達の小山内君の家で彼のお兄さんのコレクションビデオを見た衝撃が忘れられない。

結果、ダビングを重ねたザラザラの画質にしか興奮せず、今の鮮明な映像は苦手だ。

自粛期間中にそういったザラザラの画質のDVDが500枚増えたことは内緒だ。

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー