第66回 『北斗宿命』全台お祭り状況下 1人終日浮上せず…【しのけんの喰うならやらねばF】

第66回 『北斗宿命』全台お祭り状況下 1人終日浮上せず…【しのけんの喰うならやらねばF】

『北斗宿命』全台お祭り状況下 1人終日浮上せず…

▼序盤の模様はコチラ

終了画面はガールズの赤7Ver.であるリュウガ。打ち出してからまともなプラス差枚に辿り着いていませんが、設定6か否かの肝となる推測要素は決して悪くない。そしてそして、北斗宿命シマがヤメる理由なんて全くない状況なんですよねぇ。

と言うのも、北斗宿命シマ全5台が自分と似たような設定6挙動。つまり、狙い通り北斗宿命シマが全台高設定シマ、しかも全台設定6濃厚っ。

自分の台が他台と異なるのは出玉だけ。他の北斗宿命は全てドル箱2箱以上キープしていて、傍から見てもこのシマが強い事は分かる状態。まぁ自分もいずれ追いつくでしょう。

なんて前向きに思っていたら、コンスタントにATに繋がりだし差枚もなんとかプラスラインに。ちなみに、今日イマイチ伸ばせていない理由は明確で、2トキ含めた強役がまともに引けず、さらに青7のリミッターが強力すぎるから。

そんな中でやっとこ闘神ステージにも移行させる事が出来、6セット継続。さらにその後、奴が出てきましたよ…黒トロフィー。

しのけんデータ01


次のATを僅か18Gで射止めて、黒トロ解放の儀。出て来たのはキリントロフィーでした。


出て来たのはキリントロでも、設定は6。以前この日記でも設定5を打ったデータを掲載しましたが、設定6とそれ以外は挙動が明確。なので、もしかして設定5かも…的な不安は一切無し。気になるのはやはり自分の台だけイマイチ出玉が伸びてくれない事。いやまぁ、気にしてもどうなるものでもないんだけど(笑)。

一旦プラスラインには浮上はしたものの、中盤以降もイマイチ気持ち良い展開は訪れてくれず。早めの当りは単発で終わり、ハマリ後の当りではストッパーがしっかり作動するATで、減らした分のコイン以上は戻らず。

挙句AT継続中に一度も15枚役を引けず、4セット継続したにも関わらず219枚終了みたいな不運も。周りの北斗宿命が増やし方をしっかり見せつけてくれているにも関わらず、「どうやったらコイン増えるの!?」と、1人悶々とした1日を過ごし続けたのでありました。

常に諦めない精神は持ち続けていたんだけどなぁ。これ、パチスロを打っている間は持ち続けるべき大事な気持ち。

しかし、相手は機械。ダメな時はダメなもんです。結果…。

しのけんデータ03


午後10時ジャストにヤメ。さら盛り1箱のコインを流すと、出て来た枚数は763枚。投資は500枚と1万6000円なので、マイナス1万1000円で終了です。

ちょっと噛み合えば十分プラスに持って行く事が可能なラインでの攻防だったものの…残念。形にはならず。

閉店まで少し時間があったので、この時間からでも打てるハイエナ台を探したものの、無し。ただ気付いた事が一つ。今日はかなり煽りのあった強イベ日だったにも関わらず、ホール全体で見るとかなり厳しめ。

むしろそんなホールで設定6に辿り着けただけでかなりラッキーだったのかも…。そんな前向きな気持ちに切り替え、帰路につくのでありました。

最終手書きデータ&正式版実戦データはこちら!

しのけんデータ04 正式版データ 収支

この日記の裏話は7月3日公開予定! 実戦時の濃密情報を知りたい方は要チェック!!



ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー