第77回 新台『東京レイヴンズ』GET! 絶好調から台が豹変!?【しのけんの喰うならやらねばF】

第77回 新台『東京レイヴンズ』GET! 絶好調から台が豹変!?【しのけんの喰うならやらねばF】

気付けば梅雨も明け、オリンピックも開幕間近。こんな生活をしていると、どうにも世の情勢に疎くなりがち。昔はもうちょっと世間にアンテナを張っていたような気もするけれど、歳を重ねる毎にどんどんパチスロ情勢以外への興味が薄れていっているような気がします。…コレ、良くない。自分の嫌いな視野の狭い大人になりそうで、良くない。

さて本日まず向かったのは、月1イベのA店。全台系やニブイチ系等、結構派手にやる事もあり並びも多め。それなりに全台系の狙いが絞れるため、早い番号を引ければ大チャンス。

しかしながら引けた番号は600番とほぼ最後尾。設置台数を上回る番号となれば、さすがに入店する必要も無く、素直に撤収する事に。

続いて向かったのは、10時40分に新台抽選を行なうL店。本日は基本都内が新台入れ替えとなる月曜日でして、このL店の新台はそれなりに頑張ってくれるんですよね。

到着した時点でL店はすでに開店済み。新台解放までは少し時間が余ったので、店内を一周した後に近隣を散歩していたら、なんと本日グランドオープンするラーメン屋さんが「ラーメン1杯無料」なる太っ腹イベントを開催する事を発見っ!

pg01

…なにこれお祭りイベントじゃないですか。新台開放抽選に敗れたら、このラーメンをいただいて大満足で今日は帰宅する事にしますわ(笑)。

さて、L店に導入される新台は「東京レイヴンズ」。ひぐらし2が一部ユーザーに大人気のオーイズミの新台です。今作は技術介入要素無しのAT機。導入は2台で抽選参加者は6人。つまり1/3のクジ引きですな。

結論から言うとこの抽選を乗り越えて打つ権利をGET。慌てて基本のゲーム性を確認。正直言いますと、直前まで機種名を「東京イレブンズ」って勘違いしていたくらい把握していませんでした(汗)。

導入初日の新台という事もあり、機種サイトに記載されているのも基本情報程度(※実戦時)。そんな訳で小冊子も読みつつ勝負開始です。

打ち始めでまず気になったのが隣の台。15Gほどで唐突にボーナス。レア役を引いた形跡なく前兆っぽい煽りも無し。仕様のある部分を見て気になったんだけど、「ガルパンG」みたいにリセット後は内部的にチャンスゾーンスタートになる可能性がありそう。

しかしながら自分の台の初当りは258G。投資は貯メダル350枚。チャンスゾーン的な位置付けの「陰陽チャンス」を夏目EPでクリアし、REG。

REGからのAT「闇鴉タイム」突入は結構厳しめな雰囲気だけど、ラッキーな事に強チェを引いて発動したバトルが勝ち確定演出でATへ。

pg02

そしてこのATが、ストック特化ゾーン「荒御霊降臨」等絡めて19セット継続し、650枚獲得。1セットが8Gと短いぶん、ストックしやすい仕様のATと言った感じなのかなと。

いかんせんド新台なので摸索しつつの稼働。この後少ししてやっとこまともにゲーム性を理解できた感じです。

一応基本的な流れを説明しますと、通常時はレア役契機やメーターを貯めてCZを目指すゲーム性。このCZをクリアするとBIGかREGがもらえて、共に消化中にAT抽選が行われます。

ATは純増2.7枚。8Gのラウンドパートと20GのSTパートに分かれていて、ストックがある限りラウンドパートを継続して消化。ストックが切れるとSTパートに移行し、V獲得で再びラウンドパートへ。このループを24セット継続させるとプレミアムATに突入して、2400枚の有利区間完走も狙えるよ! と言った感じです。

…で、初打ちでの印象としては、かなり「自力感強いゲーム性」。6号機にありがちなデキレ感は少なく、通常時・ボーナス中・AT中全てが自力でなんとかするようなシステム。ほらほら、追加150枚で繋げたATが、3ストック確定の「Vの字揃い」も決めて22セット継続。後2セットでプレミアムATに移行出来たのに…惜しいっ。

設定推測要素に関しては、現時点(※実戦時)だとレア役からのCZ突入率と示唆演出のみに依存する形。高設定域ほど弱レア・強レア役共に仕事してくれるような振り分けなので、素直にレア役が反応してくれる台であれば期待できるかも。

そして自分の台がまさにそんな感じ。初当りCZが比較的軽く順調に1000枚近くのコインをGET。L店の傾向的に上はありそう…なんて余裕ぶっていたら、今度は自力感の強いゲーム性が仇となって、CZ引けども、ボーナス引けどもATに繋がらない悪循環に突入。全てのコインが飲まれてしまいましたわ。

この後の展開は7月23日6時公開予定!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー