タイマー付きパチスロなら攻略できる!? 果たしてその攻略の実状は?【ダブルフェイス(アリストクラート)】

タイマー付きパチスロなら攻略できる!? 果たしてその攻略の実状は?【ダブルフェイス(アリストクラート)】

はじめに

虚心坦懐のGoing Underground、第52回。

 


 

今回は、2001年頃のお話。

パチンコは、初当り確率約1/315で確変1/2ループのタイプがメイン機種であった。そこで他機種との差別化を図るため、「CRうる星やつら(奥村)」「CRF.パックワールド(SANKYO)」「CRゴーストバスターズ(藤商事)」など数々のタイアップ機が登場した。また、久々の権利モノとなる「CR連発花火(ニューギン)」「CRまわるくん(ダイドー)」やハネモノ「バンバンジャンプ21(西陣)」なども登場した。虚心はというと、「CR平家物語(豊丸)」が好き過ぎて、SPリーチのサウンドを携帯の着信音にしていたほどであった(笑)。

パチスロは、4号機の爆裂AT機が人気の真っ只中。「コンチ4X(アルゼ)」「サイバードラゴン(山佐)」「サラリーマン金太郎(ロデオ)」など、万枚が軽く狙える機種が続々登場。また、大量獲得タイプ「オオガメラ(ロデオ)」「デカドンちゃん2(アルゼ)」や、ストック付きのAR機「ハードボイルド2(Sammy)」「レースクイーン2(オリンピア)」なども登場した。虚心は、「インディジョーズ2(ロデオ)」(→リンク)でちょっぴり忙しかった(笑)。

そんな中、タイマー付きのパチスロマシン「ダブルフェイス(アリストクラート)」もホールに姿を現わした。

「ダブルフェイス(アリストクラート)」とは!?

A+ATタイプの4号機パチスロ。設定1~6で、BIG確率は1/436~1/273、AT確率は1/440~1/165、機械割は93.0%~119.9%。純増約6枚/1GのATは、20Gワンセットで連チャン性のあるSR(スターラッシュ)と20~1000G続く連チャン性のないUSR(ウルトラスターラッシュ)の2種類が搭載されていた。

このUSRは、タイマーによって20分に一度、台の稼働の有無にかかわらず抽選されていた。

攻略法の出どころと内容

タイマー付きということもあり、以前、裏モノで攻略できた「風神雷神(マックスアライド)」(→リンク)同様、抽選時間だけ狙って打てば、いけるのでは!?と導入前から予測。

実際のホールでは…

予測をもとに実際にホールで立ち回ってみると、USRランプの点灯している台を見つけたとしても、ほぼ20G(約120枚獲得)という感じで、1台あたりキャバクラでの嬢のドリンク一杯分程度の稼ぎであった。USR自体は連チャン性も上乗せもないため、即ヤメできるものの全く美味しくなかった。

これはのちに分かったことなのだが、USRのG数は抽選までの20分間の稼働状況が多いほど優遇されるシステムだった。つまり、空き台だった台のUSRを拾っても、結局120枚程度しか獲得できないわけだ。このシステムを知らない人がヤメた直後にUSRランプ点灯の台を拾い、多少美味しい思いもできたのだが、導入当初の思惑通りとはいかなかった。そうこうして多少は稼げたが、もともと設置も多くなく、人気もなかったため、この機種を見ることもあっという間になくなってしまった。

そして10年ほど時は流れ、「バジリスクⅡ(メーシー)」等のMBを拾った際、あまりのしょぼさに「ダブルフェイスがあった頃は、まだマシだったんだな!!」…と、よく思い出したものだ(笑)。

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー