第60回 チバリヨ-30から漂う裏モ〇臭がたまらない 【しのけんの喰うならやらねばF】

第60回 チバリヨ-30から漂う裏モ〇臭がたまらない 【しのけんの喰うならやらねばF】

チバリヨ-30から漂う裏モ〇臭がたまらない

▼裏話の前編はコチラ

(前編からの続き)

担当(以下・担)『日記冒頭で「チバリヨ-30」と「鉄拳4デビルVer.」の事を話題にしていましたが』

しのけん(以下・し)『「有利区間リセット時がチャンス」的な台としてね』

『両機種とも打ちましたか?』

『チバリヨは少し打ったよ。鉄拳4デビルは何故か自分がメインにしているホールにはどこも導入されておらずで』

『打ったチバリヨに関してはどう感じましたか?』

『面白かったよ。出玉推移荒いし、無骨な感じに沖スロっぽさを感じた(笑)』

『ほう。ゲーム性としてはどうですか?』

『チェリ連がボーナスの前兆的な役割も担ってるんだけど、昔のチェリーVer.的な裏モ〇っぽさがあってそこも好印象。後はまだ明確に内部システムが把握されていなところも、いろんな妄想が出来て良いのかなと。「南国育ち」がそうだったけど、内部システムが把握されると一気に稼働が落ちちゃう事も多いから、そこら辺が開示された後、好印象な部分がどうなっていくのかは気になるね』

『なるほど。是非チバリヨの日記も楽しみにしてます(笑)。というか、ツイッターでは「ノーゲームノーライフ」を打った事も呟いていましたし、結構いろんな台を打っているんですね』

『例えば新台に設定を入れてくれるホールの新台初日とか、打つべき時があれば打ってるんだけど、日記にするまでもない稼働だったりして記事にはしていない感じなんだよね。出来れば自分も比較的新しい台を扱いたいんだけどさ』

『まっさらな状態から初打ちするしのけんさんの稼働日記も見てみたいので、気にせず記事にしてもらいたいです』

『う~ん、多少なりともその稼働の中で、読んでくれた人の参考になる部分があれば扱う感じで』

『今後楽しみにします。あ、そう言えば6.2号機の事も今回改めて話題にしていましたが』

『6.2号機のマジハロが適合したからね。有利区間3000Gに関しては、2400枚リミッターがある以上過度な夢は見ていないけれど、それでもゲーム性の幅に関しては広がるとは思ってるよ』

『パチスロのゲーム性は、「パチスロに対して冷静に対峙しなければならない生活に彩りを与えてくれる」とおっしゃってましたね』

『うん。生活のため、勝つ事第一主義でパチスロを打っている自分のような人間は、ゲーム性うんぬんなんてどうでも良いって思われがちだけど、そんな訳ないよね。やっぱ打っていて楽しいに越した事はない』

『仕事でも一緒ですよね。楽しい仕事のほうが仕事をしている時間が充実しますし』

『100%「お金」だけでパチスロ生活していた人は、今のパチスロに見切りをつけて他の事に手を出してると思うんだよね。それくらい今、パチスロのみで生活する事は割に合わない。だから、今パチスロのみで頑張っている人は、なにかしらパチスロの魅力に憑りつかれてる人だと思ってる』

『確かに。お金だけだったら、パチンコの遊タイムとかも触れそうですもんね』

『うん。ホントパチスロのみでパチ打たない人も未だいるからね。そういうこだわりを持っている人ってのはやっぱり何よりパチスロが好きなんだと思うよ』

『しのけんさんもですね!』

『いや、自分はもう戻れないってのと、パチスロ生活者って立場で顔晒しているから、人前でパチンコ打ちづらいだけだよ(笑)』

次回の日記は6月24日(木)更新予定!


ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー