【パチンコ・パチスロ】隣に座ったヘンな客【ドル箱シェイク編】

【パチンコ・パチスロ】隣に座ったヘンな客【ドル箱シェイク編】

チワッス!あしのです。

いい年の大人が筐体に向かって肩を寄せ合うパチ屋では時折「おいマジかこいつ」みたいなインパクトのある人と隣同士でプレイする事になる場合があります。

このコーナーでは筆者がエンカウントした、そんな「イカした隣人」を皆様に紹介していきたいと思います。

今回の隣人は10年ほど前の忘れられないあの人。

ヅーラ・シェイカー

当時足立区に住んでた筆者は、自宅から最寄りの店舗を根城にし、低貸コーナーで日々パチスロを打っておりました。

足立区の低貸コーナー。

なんかもう字面からして不穏な空気がズゴゴゴと立ち上る感じがしますが、実際その店の民度は極端に低く、奇人ウォッチャーの筆者としてはネタに事欠かないパラダイスみたいなところでした。

なかでも、ひとりのオヤジの奇天烈な行動が群を抜いており、今でも懐かしく思い出されます。

まず、そのオヤジは完全にヅラでした。

筆者もハゲかけてるんでヅラであることに関して咎めるつもりはなんもなく、むしろ遠き日の自分をみる気分で応援したくすらなるのですが、その人のヅラはもう、ヅラであることを隠すつもりが毛根ない、じゃないや毛頭ないもので、なんなら頭にかぶってるというか、搭載しとるというか。

ハゲたオッサンの頭上に黒い塊がパイルダーオンしてるだけの感じでした。

見た目のインパクトですっかりヤラれた筆者はそのオヤジをずっと注目してたのですが、氏は行動もなかなかに奇天烈でした。

まず毎朝なぜか貯メダルを全部おろすのです。

枚数制限が無い店だったのですが、とりあえずデカ箱を3つくらいパンパンにしてから、それを店員さんに運ばせてカニ歩くという、なんかもう大名がお練りする感じで5スロコーナーを順番にまわしていくのです。

これ店員さんからしても超絶迷惑でしたし、筆者みたいに普通に打ってる方としても毎朝貯メダル機を独占されるのでハタ迷惑この上なかった。

そして彼の悪癖はもうひとつあり、それが「ドル箱シェイク」でした。

もとより貯メダルを大量に持った状態で遊技し、しかもそれをご丁寧に下皿にパンパンにに移してプレイしてる関係上、ボーナスが当たった瞬間、すぐ箱に移すんですな。

そしてそのたびに、箱の上にパカッと箱をかぶせ蓋状にし、シャッカシャッカと降り始めるわけです。

隣でやられると大層うるさく、かつこっちは往々にしてハマっとるわけで菩薩のような筆者もどうしてもイラつくわけです。

シャッカシャッカシャッカシャッカ……。

(うるせえなコイツ……)

苦々しく横目で見てるうち、あら、なんかこのひと水木しげる先生が描いた妖怪「小豆洗い」に似てんな、と気づきました。

なので最初は心の中で「小豆洗い」って呼んでたのですが、そのうち先生に失礼な気がして、「ヅーラ・シェイカー」に(心の中で)改名、今でも実際にヅーラ氏を見たことある人と飲む時はその呼称を使って懐かしく語っています。

それはそれでクーラ・シェイカーに失礼なんだけども。

 

※クーラ・シェイカー=英国のロックバンド

皆様の体験談を大募集!

隣に座ったヘンな客…アナタの体験談を教えてください!

ライター・あしの氏が当コラムにて紹介させて頂く…かもしれません。

★★★★★★★★★★★★★★
コチラから送ってください!!!!!
★★★★★★★★★★★★★★

※ご希望の方はペンネーム・年齢・性別をご記入ください。本名での掲載は致しません。
※メール等での返信はいたしません

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー