jin篇第三話 ゴーゴージャグラー【ガチプロがジャグラーを実戦台に選ぶ理由は…!! 全台系!? それとも地域単位での優遇!?】

jin篇第三話 ゴーゴージャグラー【ガチプロがジャグラーを実戦台に選ぶ理由は…!! 全台系!? それとも地域単位での優遇!?】

ピエロを回避したい

本日は5の付く日。全国的に見てもジャグラーをオススメするホールが多いのは周知の事実。しかし設定6の本数というのは極々わずかだと思っている。高ベースで遊ばせる調整のホールが年々増えているからだ。メリハリよりも高ベースという流れは個人的には嫌いじゃないのだが、ジャグラーに関していえば正直キツい。リスクとリターンのバランスが悪い上に設定が確実にわかることがないからだ。

そんな訳で朝からジャグラーに座るなんてのは月に1~2回あるかないかといったところ。ちなみに、パチマガスロマガFREEでやってたGWのジャグラー企画みたいなのも「打たないから書けません」と、断ったくらいだ。

そんな僕の目の前に1台のピエロ。可愛いピンクの筐体とは裏腹に織り成すグラフはメンヘラそのもの。「ゴーゴージャグラー」が鎮座している。

ゴーゴージャグラー

しかもバラエティコーナーのゴージャグだ。この話だけ聞けば狂気の沙汰としか思えない台選択だが、それなりに選んだ理由はある。

まず5の日はジャグラーがオススメのホールってとこだ。←おいwww

ってのは冗談で、近隣ライバル店で大きなテコ入れがあって地域全体が盛り上がったってのが1番の理由になる。細かいことを言えば、ゴージャグが全台系の対象になりやすい+ジャグラーバラエティは比較的設定配分が高い傾向になるってところかな。打つ理由として十分だとは思わないが、まぁ5の日だし大丈夫っしょw

実戦データその1
1000回転消化時の履歴。

あ、当たらねぇよ。全然当たらねぇ。なんかゴージャグとは思えないブドウ確率のおかげでそれなりに貯玉で回せたが、さすがに弱いかといったん席を立ちジャグラーコーナーを1周。まだ開店から間もないが、ゴージャグコーナーにオーラを感じるっ…!!

このホールはデータサイトが昼過ぎまで更新されないので、序盤は自分の目で見て判断するしかないのだが、パッと見で強いしまだヤメ時ではなさそう。仮に全台系だとしたら設定56かなって予想、単品だと何でもありそうな気がする。とりあえず全台系の可能性が高そうなので続行です。

 

実戦データその2
稼動終了時の履歴
稼動終了時の履歴。

かどおわ☆

正直、単品で見たら高設定なんて言い切れる様なデータにはならなかったが閉店まで打ち切った。ゴージャグ全台の合成確率が閉店まで1/120前後で推移し、全6濃厚となったからだ。

実戦台のボーナス確率はゴージャグのシマでケツから3番目という体たらくだが、設定6のジャグラーを終日打てたことに関しては満足。傾向的には全56なんだけど、おそらく対抗の意を込めて今回は全6だったのかなと。

実戦台のグラフ
実戦台の出玉スランプグラフ。

しかし、全台系じゃなかったら捨てていた可能性もあったと思うし、やはりジャグラーの設定なんて1台の挙動のみでは何もわからない。「S-1 GRAND PRIX」という打った台の設定がわかる番組でも、パーフェクトな挙動で設定3でしたーてへっ☆ みたいな結果になったこともあるしね。

ただ、高設定を打てば必ず確定演出が出る様な台ばかりでは作業になることも多いし、色々考えながら打てるってのは、それ即ちパチスロを楽しめているとも言える。

楽しむことと勝ちに拘ることが対極にある以上、両方を取ることは難しいが、たまには設定わからねぇっ!! なんて四苦八苦しながら稼動するのも悪くはない。身体がスパイスを欲したら、また道化かハイビスカスを訪ねようと思う。

推測要素数値
※()内は出現回数。
収支結果 出玉数データ

ライター紹介

  • jin
    パチマガスロマガ専属ライター
    jin
    イタリアンレストラン店長、キャバクラ経営などを経てパチスロライターに。現在はガチプロとして活躍する一方で、ムチャブリ企画などバラエティでもその意外な才能を発揮している。攻める範囲は幅広く、パチンコ・パチスロ両方で立ち回る万能型ライター。オートレースなど公営ギャンブルにも精通している。麻雀やポーカーなど戦略性が高いゲームを好む。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー