第94回 ロードオブハーレムから一撃2400枚!? 『ラブ嬢Ⅱ+』でまさかのドラマが!!  【しのけんの喰うならやらねばF】

第94回 ロードオブハーレムから一撃2400枚!? 『ラブ嬢Ⅱ+』でまさかのドラマが!!  【しのけんの喰うならやらねばF】
▼序盤の模様はコチラ

現在総投資は500枚と1万8000円。投資自体はまだまだ挽回可能レベルではありますが、主要機種のピンの高設定がだいぶ判断付いてしまっているのはネガティブ要素。4台以上設置機種でもマイナー気味の台には高設定が存在しない事は往々にしてあるから。つまり追いつめられております。

そんな事を思っていると…。

バラエティコーナーの「獣王 王者の覚醒」にて、ボーナス間696Gのハマリ台が落ちていたのでとりあえずハイエナをば。

 

 

この台のARTはツボに嵌まると止まらなくなるので、あわよくばの甘い期待を込めたハイエナ。しかし天井に行く事なくBIGで終了。ARTにも繋がらず。

幸いなのは比較的早めに当たってくれた事。追加投資3000円で216枚流し。北斗天昇で流した43枚も使っているのでほぼチャラですな。

いやこれはさすがにP店で立ち回るのはもう厳しいか。強い台は各機種だいぶ見えて来ているし、見えてないところは入っているかも危うい機種のみ。

時間も気づけば午後5時過ぎ。そんな訳で店内もう1周して帰ろうとしたところ…基本スルーしていた台で気になる履歴を発見。機種は「ラブ嬢Ⅱ+」。

スランプグラフ的に、細かい初当りでコンスタントに当りを重ねているもののATを伸ばせずちょいマイナスな台。液晶履歴でデータを確認するとほぼほぼ3周期以内にヒットしていて、3周期目と5周期目での南国ステージ移行も確認。また1周期目でのリラクの泉も。

このラブ嬢Ⅱ+、導入初期にちょいと触れて摸索した事もあってか、設置してあるホールではなんとなく気にして見て来たものの、ここまで細かくスランプを刻んだ履歴は珍しい。

というか高設定が導入されているようなホールもほとんど見た事は無く、このP店でも実際投入された形跡は無かったんですよねぇ。

そんな訳で基本スルーなのですが、さすがに見逃すには惜しい履歴。そんな訳で、この台がファイナルチャンスとばかりに少し触れてみる事にしました。すると…。

 

やはり当りは非常に軽く、6回の初当りが1周期2回・2周期3回・3周期1回でのヒット。ほぼほぼ単発駆け抜けなのですが、差枚チャララインに。

ちなみに前任者込みのスランプグラフは現状こんな感じ。


明確に判断は付かないものの、設定差の大きい2周期目での接客ステージ初期ポイント優遇でヒットしている感もあり、これが高設定挙動なのか? という雰囲気アリアリな挙動ではあります。

とは言え、吹けば飛ぶよな出玉を行ったり来たり。1周期目がスルーし、また2周期目は接客ステージか…なんて思っていたら。

「!?!?」。一瞬頭が理解できなかったものの、ほどなくコレが大大大チャンスである事を把握。どうやら2周期目では0.1%でしか引けない特殊ステージ、「ロードオブハーレム」を引き当てちゃった模様。


えーこれどういうステージか要約しますと、毎ゲーム84%以上の継続抽選(※3G保障有り)を10G継続させる事ができれば、有利区間完走濃厚なハーレムボーナスが貰える特大チャンスゾーン。10G継続できなければただのしょぼATになってしまうので、なんとしても仕留めたいところ!

…ってな訳でご覧ください。

ほい、やったりました! 10人ものキャバ嬢を見事落とす事に成功! …女性との出会いも無く寂しい工業高校時代を過ごした自分! 初代ときめきメモリアルで、何回やっても藤崎詩織に告白される事なく嘆いた二十歳そこそこの自分! インターネットで初めてチャットした女性がネカマだった事に気付いて涙した25歳ちょいの自分! 将来お前は10人ものキャバ嬢を従える事なるんだぞ!!(パチスロ上で)

…ってな訳で、ハーレムボーナスを堪能し、苦無く有利区間完走で2400枚獲得。


その後気が抜けたのか、台が豹変したかのように天井まで連れていかれたりして、肝心の設定自体は不透明なまま実戦終了。推測要素的にあると思いたいけれど、完走しなかったら前任者込みでも差枚マイナスだよなぁ…コレ。


最終的には貯メダル500枚と2万1000円使って1974枚のコインを流したので…7000円のプラス。おおお、プラスに戻せましたわ。

突如途中で若き日の哀しきリビドーが溢れだしちゃいましたが(笑)、どうなる事かと思っていた1日をプラスで終えられた事に満足し、帰路につくのでありました。良しっ!

最終手書きデータ&正式版実戦データはこちら!

この日記の裏話は8月21日公開予定! 実戦時の濃密情報を知りたい方は要チェック!!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー