第18回 全台系の「パチスロ頭文字D」に辿り着くも玉砕!

第18回 全台系の「パチスロ頭文字D」に辿り着くも玉砕!

全台系の「パチスロ頭文字D」に辿り着くも玉砕!

▼序盤の模様はコチラ

推測の補足的要素である「弱レア小役→千両回胴」に関しては酷いありさまで、これら総合すると設定6の可能性はほぼほぼナシ。挙動強い台が更に伸び始めたし、気になるシマも見えてきたので、ここが引き時かなと。

残ったコインを一旦流すと530枚。序盤にボチボチ期待したぶんガッカリ感はあるけれど、ほぼほぼチャラなのは救われてますな。

…で、その気になるシマはというと、5台シマの「パチスロ頭文字D」。ちょうど吉宗の背中のシマで反応は良さげ。このホールのイニDは基本ズブズブな履歴しか見ていないなか、今日に限ってはなかなか良い動きを見せているので、全台系シマの可能性が見えているんですよね。

しばらく店内の状況をチェックし、他に全台系っぽいシマがあるかを確認していると、イニDに空き台が。取りあえずキープして履歴を見るものの…う~ん判断つかん(笑)。空き台の差枚は700枚程度マイナスながら、残り4台はプラマイゼロ~2000枚程度プラス。他に全台系っぽいシマが見えない事を考えれば、今回はこのシマが当たりの可能性は十分。ってな訳でひとまず勝負してみる事にしました。

しのけんデータ03


貯メダルを使い切る事なくとりあえずAT2回。共に単発ながらコンスタントに当たってくれたのは救いです。そしてチャララインあたりをキープしていたイニDに金トロフィー出現。これにて一気にこのシマは全台系の可能性が上がってきましたよ。

ちなみに全台系シマの設定配分は全4・5・6。シマの中で差枚最下位の自分の台が設定4である可能性は否めないけれど、今回はそれも覚悟の上。全然打ち込めていないこの台の、経験値を得る事を踏まえての勝負です。


吉宗3で出したぶんの出玉は飲まれて追加投資。初打ちではないながら、いかんせん経験値不足なので摸索しながら打っていると、3回目のAT終了画面で銀トロフィー出現。これにて全台系がほぼ確定に。後は出玉的に反応してくれるのを待つのみですな。

しのけん銀トロpg


…なんて事を思っていたけれど、引くAT引くATがまーーったく伸びる気配がなく、追加追加追加の連続。個人的にこのイニDは、その特異なシステム的に、6号機にありがちな「デキレ」感の無い挙動になると思っています。例えると、上に突き抜けはしない「まどか2」みたいな動きのイメージ。

だからこそ悪い方に寄っちゃうとまったく反応してくれない。そして今回の自分がまさにそんな日だったようで(汗)。

午後9時ちょいまでは、勉強のため今後のためと追って、ATを引けば「次こそ伸びて…」と願いを込めるも、AT11回中単発8回・2セットが3回というていたらくで稼働終了となったのでありました。

今回の総投資は吉宗3も合わせると、貯メダル500枚と4万5000円。そして流したコインは僅か174枚なので…5万1500円のマイナスです。

このマイナスは、勉強のため、そして高設定とは言え設定4というギリギリの台を打ってしまったゆえの結果。今回得た経験を今後の稼働に生かすとしますよ。

今回の最終手書きデータ&正式版実戦データはこちら!

しのけんデータ05 しのけんデータ最終版 しのけんトータル収支 グラフ

※吉宗3の詳細データとグラフは省略


(C)しげの秀一/講談社・2014新劇場版「頭文字D」製作委員会
(C)しげの秀一/講談社・2015新劇場版「頭文字D」L2製作委員会
(C)しげの秀一/講談社・2016新劇場版「頭文字D」L3製作委員会
(C)Sammy 製造元/タイヨーエレック株式会社

この日記の裏話は4月7日の夕方公開予定! 実戦時の濃密情報を知りたい方は要チェック!!

▼日記の裏話はコチラ

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー