【天香膳一】メインはやっぱり『マイジャグラー』。パチンコならダントツで『大海4SP』【激白!コロナ禍のパチプロ/天香膳一/後編】

【天香膳一】メインはやっぱり『マイジャグラー』。パチンコならダントツで『大海4SP』【激白!コロナ禍のパチプロ/天香膳一/後編】

4人目はパチスロメインながら遊タイムにも積極的な「天香膳一」へインタビュー!(後編)

パチンコ・パチスロで稼ぎながらライター業に就いている『パチプロライター』。

「ライター業って自由な雰囲気で羨ましい」「毎日パチンコ・パチスロを打ってるなんて楽しそう」……というイメージがある方もいると思う。しかし、実際には……!?

コロナ禍でパチンコ・パチスロの状況が苦しいというのは誰もが感じている中、パチプロだけは例年通り勝てているのか? ライターをヤメようと思ったことはないのか? パチマガスロマガの人気ガチプロライターにすべて正直に答えてもらう。

それがインタビュー企画『激白!コロナ禍のパチプロ』!

4人目の登場人物は雑誌「スロマガ」で最後の旅打ち制覇者となったパチスロライターの『天香膳一』。今回は後編をお届け!

日常の1コマ……の写真提供をお願いしたところ、この1枚。なんかアスリートの写真でこういうの見たことあるぞw

【質問①】今、何をメインに打って稼いでる? 今年一番お世話になった台は?

今はジャグラーシリーズを打つ事がメインになっています。ツモれなければハイエナという感じですね。ハイエナする中に遊タイム機が含まれるようになりました。

一時期は遊タイム狙いだけで動いていた時期もありましたが、それも2ヶ月も経つと遊タイム狙いの人で溢れ返ってしまいました。さらにそれを「してはいけない」というホールが増えたのも、遊タイム狙いだけでは動けなくなった一因。

もちろんホールのルールは守らなければいけないので、徐々に前の立ち回りに戻して行きました。

パチスロならマイジャグラーⅢ・Ⅳ、ひぐらしのなく頃に祭2、新ハナビ、まどか各種、バジ絆2など……各ホールで強い機種にお世話になる事が多かったです。でもメインは、やっぱりマイジャグラーですかね。パチンコならダントツで大海4SPです

『マイジャグラーⅣ』。ホールの長寿&看板機種は甘く使われる……の典型的なパターンですね。

【質問②】P機、または6号機はどんなスペックや仕様になれば、魅力的になると思う?

P機については詳しい人に話してもらうとして。自分は6号機について語らせてもらいましょうか。

みんな言わずもがな知っている有利区間と獲得枚数の制限。5.9号機で導入された規則変更が現状のパチスロ状況の要因となっている事は明らかでしょう。ただ4月に有利区間上限が3000Gとなり、これからホールに登場する機種はゲーム性の幅が広がると思っております。

自分はまだ6.2号機を遊技していないものの、多少なりとも期待してしまいますね。

現行機種の多くのようにとりあえず0Gでヤメ、有利区間ランプが消えれば終了というヤメ時の分かりやすさもアリですが、引き戻しやモード移行などを色々と考えながら楽しむのがパチスロの魅力だと思います。

ゲーム性の部分を楽しめる機種に出会いたいものですね。

6.2号機では直近だと『パチスロ戦国乙女 暁の関ヶ原-DARKNESS-』が導入されますね。パチマガスロマガFREEでは本機での「ALL設定BATTLE」の実施を近日予定しているのでお楽しみに!

【質問③】まだまだパチプロとしてやっていく? 副業または転職(就職)は考えている?

こういう仕事をさせてもらっているので、この生活は続けていきたいと思っております。もちろん、保証のない生活である事は理解しておりますが今のところ、まだいけるかなという気持ちです。

それでも前編でも述べたように「いつまで? どれだけ?」と考える事が多く、精神衛生上キツい部分があるのは確か。

今の生活を基盤に、他の事でも生活できる状況を整えておくのは保険としてもいいかな……? 稼ぎ方は人それぞれでしょうけど、自分は年の割には体力がある方なので選択肢は多くあるかな……と思っています。

夜働くこともできますし、狙い目の日や行くホールがない日には働くのもいいかなと。でも、今はまだ「転職して兼業で!」とかは考えてないです。

パチンコ・パチスロで終日稼動するのは、かなり体力が必要ですもんね……。

【質問④】この先業界が盛り上がるには、どうなれば良いと思う?

一時期に比べれば落ち着いてしまった感は否めないですが、勢いがない業界ではないと思っております。

いわゆる老舗のような媒体をはじめ、SNSの普及に伴い色んな方が活動している現在。ライターだけでも人気のある方、イケメン・可愛い方、面白い方など、多岐に渡り業界を盛り上げている方はたくさんいらっしゃいます。

もちろんそれ以外にも、支えてくれている業界関係者はたくさんいらっしゃいます。それだけパチンコ・パチスロにも、まだ需要は存在しているって事ですよね!

前述したように今後の規則変更で、楽しめる機種が開発される可能性はあるでしょう。それを伝えていく方法も時代によって移り変わってくもの。口頭から紙へ。紙からネット・SNSへ。

これからどう転じていくなかで、成功するためにはどうしていくか……。先見の明に長けた動きをしないといけませんね。とりあえず……自分は今さらYouTubeでも始めるか?w

 

雑誌だったパチマガスロマガも今や「パチマガスロマガFREE」に。今後もお宝情報を即時公開していくので、ご愛顧いただけると幸いです!

というわけで、ライター『天香膳一』へのインタビューはこれにて終了。

年々元気が……と言われることもあるパチンコ・パチスロ業界ですが、天香の言う通り関わっている人の数はまだまだ多い。頑張り方や試み次第で再び活気づくことは充分可能だと思います。


さて、このライターインタビュー企画『激白!コロナ禍のパチプロ』の5人目は「はじめ」が登場! インタビュー・前編は明日10月31日(日)の19時頃に公開予定となっております。

ライター紹介

  • 天香膳一
    パチマガスロマガ専属ライター
    天香膳一
    旅打ち企画「決死のパチスロサバイバル9」を制覇してライターデビューを果たす。高設定狙い・ハイエナの両方をそつなくこなし、歴代2位のプラス収支で旅打ちをクリアした。ライターデビュー後の現在は、実戦企画や機種ページ制作を中心に活躍。ライター歴はまだ浅いが、年齢的にはおっさんライターの部類に入る。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー