アイドルは夜の顔を連想させるものがあってはならない【和泉純のちゅーか、玉タマ日記㉒】

アイドルは夜の顔を連想させるものがあってはならない【和泉純のちゅーか、玉タマ日記㉒】
パチマガ誌面で「2011年11.27号」あたりから掲載されていた、和泉純のミニコラム。それが『玉タマ日記』だ!

「和泉さん42歳に見えなーい」なんてギャルの社交辞令にも喜びを感じる今日この頃。

若作りには余念がないのだが角度はウソをつかない、ペレです。いや、和泉です。

さて、話題の機種「AKB48」。残念ながら当コラムで取り上げるようなエロ要素は「48」という数字ぐらいしかない。そう、アイドルは純粋生娘。夜の顔を連想させるものがあってはならない。

それゆえ、たまーに際どい下着姿だったりすると、妙にガッカリしてしまう。「権力のある大人に嫌々こんな恰好させられてるんだな」と。あ、やっぱエロいわ。カウッ。

京楽の「CRぱちんこAKB48 バラの儀式」(2014年)より。水着ならそこそこ見るような気がする……。(担当編集)

昔のタマを「和泉純」にイジってもらう!

俺はセクシー女優の「紗倉まな」が大好きだ。

だが、彼女のビデオはあまり見ない。理由は嫉妬しちゃうから。

どうだ、気持ち悪いだろ?

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー