第9回 バラエティコーナーで戦国乙女3の設定6を狙う!

第9回 バラエティコーナーで戦国乙女3の設定6を狙う!

バラエティコーナーで戦国乙女3の設定6を狙う!

基本、設定に関してはおざなりにされがちなバラエティコーナー。そんな場所にも「高設定を期待できる時がある」事は、優良ホールの一つの条件だと個人的には思っています。

そして向かうホールも、本日バラエティコーナーをアツめの配分とするN店。数ヵ月に一度開催され、内容的には3~4分の1で設定5・6程度。主要機種にもある程度高設定は期待できるのですが、このような機会がないと高設定に触れる事が出来ない機種が今は多いので、この特定日はバラ機種狙いでN店に向かうようにしています。

抽選は約100人中60番。表面上のイベント内容的にはいわゆる全体系イベなので、ホール傾向を把握していない方々はメイン機種に向うかなと。そんな訳でこの番号でもある程度の狙い台は確保できそう。

そんな事を思いつつ開店。押さえたのは『戦国乙女3~天剣を継ぐもの~』。


…いや、甘くみてました。想定以上にバラコーナーがごった返していて、第3候補的なこの台を押さえるのがやっと。そして初打ち機種でもあります。幸い、設定6に関しては挙動で見抜きやすい的な情報はあるので、ダメそうなら無理せず手放そう…そんな事を思いつつ勝負開始です。

さて、前回の第8回目の当コラムで、今の時代は細かい推測要素より「設定6がどんなスランプを描きやすいか把握すべし!」的な事を力説しちゃいましたが、まさに今回のような初打ちの時こそ参考になると思っています。そして、この乙女3に関して巷で言われている設定6挙動は、「ほぼほぼ400G以内に当たる」といったもの。

純増8.5枚で400G以内の早い当りがメインとなれば、スランプ的にリゼロや青鬼的な挙動が想像出来ますが、まさにその中間的な履歴と言った感じのスランプグラフを自身もデータサイト等で確認済み。対して低設定は真逆。毎回天井もしくはその手前まで連れて行かれる感じなので、早めに判断は付くでしょう。

んで、肝心要の初当りは…754G。投資は貯メダル500枚+8000円。

いきなり深い…


リゼロと違って当たればAT直行なのは救いだけど、あっという間に駆け抜けて獲得枚数286枚。有利区間ランプも消灯。

それなりにチャンスがある日なので、サクっと400G手前で当たって「良し!」と言いたかったけれど、パチスロそんなに甘くない(笑)。

さてどうしよう。素直に考えると1の1で400Gを超えた訳で、「巷で言われている設定6挙動」だけで判断したら、まずヤメ。…なのではありますが、実は自分で直接確認している設定6挙動に関しては、少しばかり巷で言われている部分と異なる要素がありまして。それが「朝イチ初当りに関しては、400Gを超えているスランプを何件か確認している」んですよねぇ。

朝イチだけそうなる理由もある程度理解してはいるのですが、それでも設定6であれば、朝から素直に早く当たるスランプを描く事のほうが多いのは事実。う~ん、追うか引くか悩む。ちょっと前に、「早めに判断は付くでしょう」とか言っておきながらコレですわ(笑)。


(C)HEIWA
Character design by SHIROGUMI INC.

この後の展開は3月23日12時に公開予定!

▼日記の後編はコチラ

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー