【編集部コラム】 馬山田 第3回

【編集部コラム】 馬山田 第3回

緑山先輩最良兄貴説(麻雀から見るライターの素顔)

どうも、編集部員の馬山田です。

第1回にドテチンのプライベート(麻雀)での素顔を暴露しました。そんな感じに、第3回目もパチマガスロマガライターの素顔を書いちゃいたいと思います!

対象となるのは「緑山淳」!

緑山さんというと、ガチプロの古参ライター。「ゲスの乙女チンパンジー」でのゲス役。草野球チームの主宰をするほどの野球好き(オリックスファン)なイメージが強いでしょうか。

交友関係が広く、色んなライターに緑山さんの麻雀でのエピソードが聞けましたので、今回はそのエピソードから紹介していきます!

プライベートはどんな感じなのか? お楽しみに!



緑山さん画像
草野球での1枚。写真右のライター・優希さんは草野球チームの一員。

面倒見が良くフランクな兄貴!

亜城木仁「だいたい緑山さんに(麻雀を)習いました!」

亜城木くんが麻雀を覚えたての頃、一緒に打ちまくって教えたのが緑山さん! 亜城木くんの麻雀の師匠というか先生だそうです。

角屋角成「暇だとツイートすると麻雀の誘いくる」

面子を集める幹事役も、最も顔の広い緑山さんがすることが多いそうです。ちなみに、「緑山淳・角屋角成・亜城木仁・Jin」の4人で打つと麻雀のあとは飲みになるらしく、角屋さん的に「緑山さんはノリの合う良い兄貴的存在」とのこと。

上記エピソードから見えるのは、緑山さんの面倒見の良さやフランクさ! 「麻雀は誘うけど、面子はそっちが探せ」的な先輩風を吹かすことはない。素晴らしい兄貴タイプですね。


麻雀中はネタがスゴイ!

卓上での緑山さんは、打ち方とか以前に小ネタがハンパない! ライター皆からネタのエピソードが挙がってきましたw 一部を抜粋しますと…

・リーチ時に麻雀プロ・村上淳選手の「リッチ!」をモノマネ
・打っていた当時にハマっていたモノマネを披露(福山雅治とか)
・捨てた牌に合わせてのモノマネ(南を切る時、タッチの浅倉南のモノマネとか)

そして異口同音に「下ネタがスゴい」とのことw 具体的な下ネタを挙げてくれた方もいましたが、ここでは書けませんww

酔っ払いのおっさんか! むしろ、お酒飲んでいる時のままというべきでしょうかw

僕自身も緑山さんと同卓した時、亜城木くんとの下ネタのかけ合いが面白すぎてその記憶が強かったりします。それもここには書けませんがwww

まとめると「ウホッ!良い兄貴!」

ぶっちゃけますと、正直、緑山さんにプライベートの麻雀で見せる裏の顔はなく、「ゲスの乙女チンパンジー」などの動画で見せている顔と変わらないです。

裏表なく、誰にでもフランクに接する人柄。業界を長年生き抜いてきたのに変な先輩風も吹かせない。頼れるうえに遊んでいて楽しい、良い兄貴という方。交友関係が広いのも納得です。

ただし、やるネタはモノマネと下ネタですよww

おまけ・MJ麻雀伝説

緑山淳、人呼んで「MJ」の知られざる麻雀伝説をおまけで紹介。

・参加人数30人くらいの麻雀大会で個人優勝
・朝イチの東一局で四暗刻単騎をアガり、大勝の予感→解散するときはトントンぐらいになっていた
・面前の清一色をアガったら、実は九蓮宝燈だった

麻雀大会はチーム戦で緑山さんは大将だったのですが、そのプレッシャーを跳ね除けての個人優勝!
「実は九蓮宝燈」は打ち込んだ人が「九蓮じゃん!」と気付いて発覚したそうですw

ライター紹介

  • 馬山田
    編集部
    馬山田
    パチマガスロマガFree編集部員。馬だけに趣味は競馬……ではなく麻雀。順位ウマは取られてばっかりですがw パチンコの初代「哲也」と「華牌」シリーズは大好き。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー