【パチスロ】隣に座ったヘンな客【目押し編】

【パチスロ】隣に座ったヘンな客【目押し編】

チワッスあしのっす! 

パチンコ・パチスロを打ってて遭遇した奇天烈な隣人についてのコラム。

今週はペンネーム「ちあき」さんからの投書をご紹介。

女性のかたですな。

お年寄りのご夫婦(奥さまは杖を使用)がスロットを打っていたのですが、明らかに目押しが出来ない。

なのに『ブラック・ラグーンZERO』を打ってました。ラッシュに入ったらどうすんのよ! 

変なお客さんと言うよりは気の毒になりました

 

過去の「隣に座ったヘンな客」はコチラ

目押しが出来ない人

ハハハ。

あるある。

ディスクアップとか打ってる時、隣にめちゃくちゃ上手い人が座るのも緊張しちゃうんですけども、全く出来ない人が着座するのもハラハラしちゃいますもんね。

お便りありがとうございます!

さて。

目押しに関して。

例えば初代獣王のAT消化をスタッフさんがつきっきりでフォローしてたのを目撃した……みたいな都市伝説もたまに聞きますが、ご存知のように今はお店側の目押しアシストが禁止になっとるので、相対的に昔より「おい兄ちゃん目押したのむわ」の頻度が増えてる気がします。

筆者もこういう商売しとるのでお店で頼まれたら普通にぺぺっと揃えますけども、昔はこれがちょっと苦手でした。

なぜなら「REGを揃えて怒られた経験」があるんですな。

2000年代前半の話です。

田舎の方でジャグラー打ってたんですけども、まあ昔のジャグラーコーナーは今よりももっとずっとプレイヤーの平均年齢が高かった。

一方で目押しレベルは今よりずっと低かったんで、筆者みたいな若者(当時)がうっかり打ってるとかなりの頻度で肩ポンされ、目押しを依頼されまくるのが常でした。

大抵の場合はスッと揃えてありがとう、それで終わりです。

たまに缶コーヒーのリターンがあったりするんですが、そういうコミニュケーションは嫌いじゃないですし全然OK。

めちゃくちゃ離れたシマから目押し希望のお客さんが小走りで来たりするのは移動がメンド臭かったんで勘弁して欲しかったんですけど、その辺は当時のほのぼのとしたホールを知ってるスロッターの方は、みんな経験してる事だと思います。

 

んで、これもよく聞く話ではあるんですが、当時「ジャグラーでREGを揃えるとめっちゃ怒る人」がいたのです。

当時っていうか今でもいるかも知れんのですが、相手はお年寄りなのでフラグの概念とか無い方もいるのです。

そういう人にとって「REG」は「BIG」の目押しミスなんですな。

つまりは「出来そうなやつがBIGを揃えてくれる」と思って依頼したら「オイィ! この若造ミスしやがったぜ!」ということでムカっとすると。

流石にキレられたことは一回しかないですが、その一回のおかげで俺は一時期、よその台を目押してあげるのに対して、だいぶ臆病になっていました。

ちなみにREG揃えた瞬間、相手の方(70代くらいのおばあちゃん)が言った一言はこうです。

「あーもう! どいて!」

自分で呼んどいてそりゃないぜばあちゃん……。

と、なにげにこれも「あるある」な話らしく。

一回調べたところREG揃えて怒られた経験がある人は筆者の周りだけでもゴロゴロいたんで、そう考えると業務としてそれをやってたお店のスタッフさんの間では「あって当たり前」くらいの話なのかも?

以上、今週はここまで!

皆様の体験談を大募集!

隣に座ったヘンな客…アナタの体験談を教えてください!

ライター・あしの氏が当コラムにて紹介させて頂く…かもしれません。

★★★★★★★★★★★★★★
コチラから送ってください!!!!!
★★★★★★★★★★★★★★

※ご希望の方はペンネーム・年齢・性別をご記入ください。本名での掲載は致しません。
※メール等での返信はいたしません

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー