ホールによっては「ちょっとでも玉が増える期間があってはならない」!?【釘王・和泉純 キツメのオヘソVOL.30】

ホールによっては「ちょっとでも玉が増える期間があってはならない」!?【釘王・和泉純 キツメのオヘソVOL.30】
和泉純画像

慣れて…油断して…注意されて愚かさに気付く

某月某日 いつものA店(28個交換)へ。最近は海シリーズ以外の機種も打てたりして良い状況。

だが、この日は逆に「大海4スペシャル」が良化して他は悪化。まあちょうど良い。以前にシマ移動して以降ステージチェックしてなかったし。

そんなわけでステージをチェックしながら選んでいくと、3台目にまあまあ良い感じの台にありつく。

以前にも書いたが、「沖海4」はステージの良い台を探さなきゃならないが、「大海4」はまあまあくらいのステージで充分。ステージが良いって台もほぼ無いしね。無いもの探しても意味がない。

で、打っていくと思ってたよりも回り23〜24という回り具合。大当りも快調に引いてあとは打ちきるのみ。


だが、ここで思わぬ事態に。

店員さんが「当店では確変・時短中の止め打ちを禁止しておりますので打ちっ放しでお願いします」と声をかけてきた……。

油断してた。

このホールに来た最初の頃は、絶対に電サポ中に玉が増えないように、打ちっ放しでやや減らしてから止め打ちして戻すを繰り返しやってきた。大当り後に毎回上皿の玉を抜いてまでしてキッチリやってた。

まあこれだと減った分が戻りきる前に当たるから減ってしまうんだけど、ちょっとでも増える期間があってはならないと細心の注意をはらっていた

だが、慣れてしまうと「沖海4はフルで止め打ちしても増えやしないから気をつかわなくてもいい」とか「大海4はたまに打ちっ放しも挟めば大丈夫」みたいな感じでやるように……。

しかもこの日は最近見始めたドラマ「愛の不時着」に夢中で号泣しながらずっと止め打ちやっちゃってたみたい。

実際、増えない想定の大当り出玉1390個で回転率を計算すると、25.8というとんでもない数値になる。

打っている時の回転率とギャップがあるので、これは出玉を多く獲得してしまった分だ。

完全に油断してたわ……。


慣れて…油断して…注意されて愚かさに気付く。

まるで結婚生活のようではないか。

釘言実射編:Pルパン三世 2000カラットの涙

筐体画像

寄り周辺

カラいわけでもないがアマくもない。ヘソ付近がカラいので、できればプラス状態が好ましい。

ヘソ周辺

ヘソ画像

カラめの印象。それなりのプラス状態じゃないと厳しい。3個戻し

通常時のストローク

盤面にある矢印付近よりも弱く打ってしまうと、ワープに絶対に絡まない大外のルートに玉が向かってしまうので注意。スマホばっかり見てるとそうなっちゃう可能性あるぞ(自分に言ってる)。

盤面右の賞球口周辺

釘ってやっぱり難しいなと思い出させてくれるゲージというか……。こんなの全部入るだろと思ったが、ちょっとのマイナス状態でもけっこうこぼれる。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー