「ストⅡを極める≒パチンコで勝てるようになる」の相関関係

「ストⅡを極める≒パチンコで勝てるようになる」の相関関係

※『パチンコの勝ち方』過去の連載まとめはコチラから。

◎パチンコの勝ち方 その71

「少年山ちゃん」

僕はゲーム少年でした。

中学の時にはガチャポン戦士、高校の時にはストⅡや餓狼伝説。

ちょうど出ましたね。

とにかく対戦ゲームが好きだったんですよね。

友達に勝ちたくていっぱい練習しました。

好きな事なので、練習も楽しいし勝つ事も楽しい。

楽しみながらとはいえ継続した努力の成果か、ガチャポン戦士なんかは同級生の中では一番強かったと自認しておりました。

ほぼ負けなしでしたね。

そんな時にいつも思っていたんですよ。


「ゲーム上手くても金にならないんだよなぁ」

「子供の時からお金大好き」

こんな書き出しだとeスポーツ選手の自伝みたいですが、当然パチンコのコラムです。

とはいえ、通ずるものはあるんですよね。

パチンコやパチスロは、勝ち方があります。

それを実行するための知識や技術を磨く必要こそありますが、身につけば確実に勝てます。

めんどくさいと感じる人が多いように聞きますが、そんな事ないです。

ゲームと同じ、なんだったら部活だってスノーボードだってゴルフだって、なんだって同じ。

「全部楽しい」

ラッシュ中の止め打ちをめんどくさがる話を聞きますが、だんだん上手くなってくの、楽しいですよ。

上皿の玉が減らなくなるの楽しいですよ。

機種によっては増えていくのでなおさら楽しいですよ。

止め打ちで増える数少ない機種の一つ。

上手く増えていってるSTなんかでは、なんだったら「そのまま抜けてくれば、どれくらい増えたか確認できるのになぁ」とか思う時もありますよ。

釘読みして回転率を見立てて、思った通りの回転率に収まるの、楽しいですよ。

だんだん見る目が養われてきて、もう基本的にボーダーマイナスの台に座ることなんかなくなりますよ。

そうなると、「回らない台を打つ」というストレスがなくなるのでパチンコを打つ時に純粋に楽しい時間が増えますよ。

こんなヘソでも回らない時ありますよね。

だんだんそうなってくの、楽しいですよ。

勝てなくても楽しくなりますよ。

そう思うとパチンコで勝つための努力って、楽しいもんですよ。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー