第5回 流れ着いた3軒目のO店にて 気になる『はーです』を発見!

第5回 流れ着いた3軒目のO店にて 気になる『はーです』を発見!

流れ着いた3軒目のO店にて 気になる『はーです』を発見!

本日まず向かうは、全体的にアツめ配分となるA店。ピンの高設定はもちろんのこと全台高設定系もアリ。今回は晒し屋系SNSでの煽りも強めで、並びも多そう…と覚悟はしていたけれど、その人数は想定以上でした。設置台数約300台に対し、抽選参加者約850人。

全台高設定になる機種もほぼ絞れていたので、早番が引ければ楽な1日になる予定でしたが、やっぱりそんなに甘くない。PC抽選機から出てきた番号は820。ほぼ最後尾ですわ。

で、入店もせず即移動。向かったホールは、A店ほどではないにしろ全体的に高設定が散りばめられているホールP店。開店時間を少し過ぎて到着したところ、う~ん、こちらは少し穴場すぎるからか設置台数に対して客が少なすぎ。この状況から高設定を探すにはちょいとリスクが高すぎます。そんな訳でまたもホール移動。…ここ最近、交通手段を電車からバイクメインに変えて非常に機動力高くなっております(笑)。

3軒目のO店へ到着した頃にはすでに11時過ぎ。そろそろ腰を据えたいけれど果たしてホール状況は。良し、今のところチャンスアリ。今日のO店の内容は「全台高設定機種あり」なのですが、その全台高設定機種の中にいつも1~2台弱い台が交っている感じ。このせいでガセ扱いされ、毎回客がそこまで集まらない感じのホールです。

しかしながら、全台高設定と思うからマイナスなイメージを抱く訳で、「8割高設定機種あり」と捉えればじゅうぶんじゃない? 自身が打っている台が強いか弱いかを判断出来る能力があれば、たとえ全台高設定シマを匂わせていたとしても、捨てれば良い訳だし。…というような思考で、このホールのやり方を受け入れています。

店内を一周すると今のところ、その「8割高設定機種」は埋もれている状況。ではあったのですが、しばらく様子を伺っているうちに判断付いてしまいました。そうであろう機種は『アナターのオット!?はーです』だという事に。


早速押さえて打ち出すと、初当りは投資100枚60Gでゆるちゃれ「ゆるべろす」。こちら難なくヒットし412枚獲得。続いてゆるちゃれ「ゆるせぽね」もATに繋がり170枚。

この2度のゆるちゃれ中にレア役等を引かずヒットしただけでもまずまず強いのですが、3度目のゆるちゃれで確信。ゆるちゃれゆるせぽねで「紫7を狙え」カットインがハズれて、逆転演出「怒りの逆転揃い」を経由しATへ。そう、この演出から復活しATに繋がれば実戦上設定4以上の可能性が高く、この機種が全台系の対象だと判断したのは、この演出を経由しATに突入した台を確認したからです。

当然これを理解している打ち手ですでにこのシマは満席。ちなみに、はーですの設置は5台で、朝イチ回されていた台が2スルーしていたため、全台系機種ではないと判断されてしまっていた模様。つまり2割程あるガセ台がたまたま朝イチ打たれちゃっていた不運に自分は救われた感じですな。

※ドクドク=「怒りの逆転揃い」演出


そしてこのAT終了画面で「設定5以上確定」となるリアルハーデスも出現!


ちなみに、この機種の設定5と設定6の違いは結構明確。設定5は低設定と変わらない程ゆるちゃれをスルーする時があり、設定6に関しては2スルーすら稀で、ほぼ1回目のゆるちゃれでATに繋がります。またドクドク復活も設定5ではほぼ見かけた事がないので(※設定4らしき台では確認した事あり)、自分の台は設定6で大丈夫なんじゃないかな。

 

(C)UNIVERSAL ENTERTAIMENT

この後の展開は3月16日12時に公開予定!

▼日記の後編はコチラ

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

新台導入カレンダー