第93回 『マクロスデルタ』に『北斗天昇』 次々ハズして大ピンチ!! 【しのけんの喰うならやらねばF】

第93回 『マクロスデルタ』に『北斗天昇』 次々ハズして大ピンチ!! 【しのけんの喰うならやらねばF】

先日コロナワクチン1回目を接種しまして、現在右手二の腕パンパン(左利きなので利き手の逆にうった)、打撲みたいな痛みアリ。

実を言うと幼少期から中学生の頃まで、持病的なモノのためにいわゆる予防接種的な事を受けずに来たんですよね。接種するためにクラスの皆と並んでいても、いざ自分の番になるとカルテ的なものを見た先生が「君は接種ダメ」と排除。

当時は、クラスの皆に「(注射せずに済んで)イイな~」なんて羨ましがられていましたが、そのおかげもあってか未だに注射が苦手。2回目のワクチン接種が早くも憂鬱ですわ(笑)。

さて、本日向かうは月1特定日のP店。設置台数約200台に対し並びは約半数。引けた番号は…120番とちょうど真ん中くらい。

このP店の特定日は、全台高設定シマが存在、もしくは4台以上設置機種の8割程度に設定56が存在、といった少々トリッキーなモノ。とは言え、全台シマが見つかればピンの高設定は探す必要もなく、逆にピンっぽい高設定があったら全台系シマ系を探す必要が無いので、立ち回りはしやすいかなと。

押さえる事が出来たのは『マクロスデルタ』。いわゆるリゼロ系の高純増のデキレタイプです。設定6に関してはやはりと言うかなんというか、規則的に当たってCZだろうとなんだろうとATに繋がりやすく弱AT。見切りやすく、そろそろ全台系になりそうな機種という事もあり選択。

ってな訳で勝負開始です。

ハイ終了(笑)。デルタカウンターほぼ天井の777P到達でCZ通せず、ヤメ。投資は貯メダル500枚と5000円。リゼロ系と言ったけれどリゼロと違うのはコイン持ち。6.1号機なのでコイン持ちが悪く、リゼロと比較すると1000円あたり10Gほど回せません。

しかしマクロスデルタに1台高設定っぽい動き、さらに北斗宿命にも1台設定6っぽい動きしている台がある事で、今日の法則が全台系ではなくピンの高設定投入特濃日という判断は付きました。

そんな判断から押さえたのは「北斗の拳 天昇」。新しい北斗の宿命ではなく1つ前の天昇です。こちら、4台中2台が1回の有利区間での激闘ボーナスを2スルー。となると、残り2台のどちらかが高設定の可能性大。

この北斗天昇、自分が押さえたとほぼ同時に残り1台も埋まりまして、自分の台の挙動はと言うと…。

2回目の激闘ボーナスをクリアして無事ATに突入。

投資はマクロスデルタで流した47枚と4000円。1回目の激闘ボーナスが200Gのゾーンで2回目の激闘ボーナスが100G手前。都合回した通常時が400G未満という事もあり、高設定でもサポート(※激闘ボーナスが難なく勝てる高設定特有の挙動)が受けられない可能性あったのでATに繋がってくれたのは救い。

しかしライバル的なもう1台はまだ1周目の激闘ボーナスすら当たっていないので判断付かずもう1周。結果。

有利区間2周確認しちゃって、激闘ボーナス4スルーヤメ。2回目有利区間内の激闘ボーナスが200G台の2スルーという事もあり、用心しちゃってもう1周しちゃいました。追加投資は9000円。


北斗天昇はどうやら2択ミス。最後まで残っていた台が正解らしく、サポート有りっぽい勝利を2回。高設定示唆も早々出ていたので、まぁあちらでしょう。


現在総投資は500枚と1万8000円。投資自体はまだまだ挽回可能レベルではありますが、主要機種のピンの高設定がだいぶ判断付いてしまっているのはネガティブ要素。4台以上設置機種でもマイナー気味の台には高設定が存在しない事、ボチボチあるんですよね。つまり追いつめられております。

そんな事を思っていると…。

この後の展開は8月20日6時公開予定!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー