ガチプロ稼働録 はじめ篇 第一話 PAスーパー海物語IN地中海SBA

ガチプロ稼働録 はじめ篇 第一話 PAスーパー海物語IN地中海SBA

はじめ、職業「二刀流」

はじめまして、はじめです! パチマガスロマガFREEでは、これが自身はじめての記事になります。

さて、はじめてということもあって自分のことを知らない方もいるかと思うので、今回は自己紹介も交えながら書かせていただきます。出身地は石川県で現在43歳(歳を聞いた時点で読むのやめないでね笑)。パチマガ誌面の企画、登竜門のパチプロ部門にてグランプリとしてライターデビューしました。

そして、ライターの傍らというか、どっちも本業だと思っているのですが、とある声優事務所に所属しており、声の仕事のほうもやらせていただいております。こっちのほうは、まだまだ駆け出しなので、これから頑張っていきたいところです。つーか、パチマガのほうでも仕事量的には駆け出しレベルですがねー泣。

はじめ、稼働も「二刀流」

日々の稼働スタイルはというと、昔からパチンコパチスロ両刀なんですよね。その都度、立ち回りの軸が変わるって感じのスタイル。まあここでは、元々パチマガライターという事でもあるのでパチンコの稼働録になるかと思います。

というわけで早速第一弾!

地中海筐体
PAスーパー海物語IN地中海SBA(三洋/2020年)

大切なのは「稼働をいかに利益の出る時間で埋め尽くすか」

この日は朝から狙い店でパチスロを打っていましたが、推測要素的に悪くはない感じではあったんですけど持ちメダルでもなかったし、確信レベルで高設定というわけではなかったのでやめました。

 

さてここからが本領発揮。パチンコパチスロって、時間をいかに利益の出る時間で埋め尽くすかが大事になってくると思います。時刻は夕方。人によっては、ここで締めて稼動終了の人もいると思います。自分はここから、パチンコの良いところを活かして残り時間を利益の出る時間で埋めます。ここでリスクがあるような機種選択だと、稼動を締めたほうが得策な場合もあります。なので、こういう時間帯からはリスクの低い台、かつ時給も出る台にシフトします。

 

自分が選んだ台が地中海。

マリン1

何故、地中海を選んだのかというと、端的に言うと当たりやすいから。なぜ当たりやすい台が良いかと言いますと、夕方からの稼働となると残り時間も少なく、せっかく持ち玉になっても長く打てません。

たとえばミドルタイプの機種を選んだとして、貯玉があったとしても必ずしも貯玉内で当たるとは言えない。もちろん当たりやすい甘デジタイプでも当たらないこともあるかと思います。ただ、ミドルタイプに比べると当たりやすいのは明白。

ということは、時間が短くてもミドルタイプよりも持ち玉で打てる比率が高いということ。そういう台の特徴として言えるのが、不利な時間帯でもさほど影響を受けにくいということ。もちろん時間があるほうが有利は有利です。

えちえち

そして現在のこの条件下でどのような選択をするか?

パチスロの設定狙いをするなら、よっぽど強い台がない限り、翌日の朝から設定狙いで立ち回ったほうが同じ投資でも得ですよね。パチンコの高回転率の台を打つにしても、どのタイプの機種を選ぶかで勝率はかなり変わってくるかと思います。

ということで自分が出した選択の答えがパチンコの地中海を打つということでした。

パチンコ攻略マガジン最終号のDVDにて

この台には、想い入れがあります。台が導入される前に、パチマガDVDの企画にて紹介させてもらった機種でもあるんです。その時、初めて打った時から喰える機種になることを確信したのも覚えています。

それこそコロナ禍で状況が苦しくなった間はこの台に物凄く助けられました。つーか今でも以前ほどではないですけど頼りにしている台です。

赤ロゴフラッシュなので泡でも余裕のピース。

実戦データがこちら↓↓↓

hajime

1000円あたり29回転の好スコア!

このデータをパチマガスロマガサイトの表記出玉で計算してみると、1000円あたりの回転率が29回転。実際の回転率は25回転ぐらいでした。これが、アタッカーへのオーバー入賞分と電サポ中の玉増え分が反映されることで29回転になるといった感じです。理論値通りの大当り回数だとざっくりですが27回転ぐらいになるかと思います。

えちえちワリン

いかがでしたでしょうか。はじめのはじめてのFREE。はじめてのお使いみたいに言ってみたんですが伝わんないよね(笑)。

今後ともパチマガスロマガFREEはじめをよろしくお願いいたします!

 

大丈夫! 期待値は、あるから!

ライター紹介

  • はじめ
    パチマガスロマガ専属ライター
    はじめ
    パチンコ・パチスロをこよなく愛する熱血ライター。声優や役者でもあり、パチンコ台のナレーション役を虎視眈々と狙っている。パチンコ・パチスロの両方を打つ二刀流で、ホール状況に応じて主戦場を変えるオールラウンダー。「はじめクオリティ」と「大丈夫! 期待値はあるから!」が口癖。

新台導入カレンダー