設定6で102%!! キャッツ・アイは機械割詐称?【ホールコンサル営業実録! 第64話】

設定6で102%!! キャッツ・アイは機械割詐称?【ホールコンサル営業実録! 第64話】

まいど~! ニッシーです! 先週は新台が13機種デビューしました。パチンコが10機種、スロットは3機種。

パチンコはこれだけ数が出たのに初週のトップ稼働がファフナーの3万6000発。振るわない数字となり、今後も残りそうな機械は1機種もなさそうです…。

パチンコはスペックがもう伸びしろがないし、行き切った感をボクは感じてて、お客もスペックでは驚かなくなってますわ。だから、エヴァ、リゼロ、ユニコーンの3強のまま続きそうな気がしてます。

一方スロットは、6.5号機のデビュー週で注目が集まりましたね! そして今後、スロットの回復が始まりそうな予感がバリバリしてます! また、早ければ有利区間ゲーム数撤廃のスマスロも11月に登場。日電協も11月~来年3月にかけて最大で15万台の供給を予定しているとの事で期待! こちらは続報をお待ちください。

で、先週デビューしたのはシリウス、ピンクパンサー、キャッツ・アイの3機種。今回はこれら機種の動向と、キャッツ・アイの出率詐称疑惑? についてお話したいと思います。

▶こちらもオススメ!「ジャグラーでも万枚…だと?」

シリウスの出玉には夢がある!

まずシリウスですが、初週の稼働は5800枚…。稼働貢献週0週(笑)。まあ液晶も何もないからしょうがないっす。8台導入したホールさん、初日の客付きが1人って…。でもそのお客が6000枚出してました(笑)。

と、どこも稼働は終わっていてサンプルが集まらない。でもコイツ、差玉は確実出ます! これが中身まんまで凱旋だったら稼働2万枚を超えただろうし、万枚報告多数アリと一気に火付いた可能性大だと思いますよ!

6.5号機の差玉性能が高いと言う事を示してくれたので、シリウスは一応の役割は果たしてくれたかな?

キャッツ・アイがカラすぎる!

続いてはピンクパンサーとキャッツ・アイの2機種。それぞれAT、A+ARTという分類ですが、実際コイン単価は1円中盤~2円前半とAタイプに近い。

そして①でも100%超えが売りなので、やはり気になるのは「甘くて勝てるんかい?」って所かと思います。

「ピンクパンサーはゲロ甘だ!」と先週書きましたが、1週間の全国データを振り返ると稼働1万8000枚で粗利300円とやはり甘い!

11割~11.2割分岐のホールがほとんどなので、出率で言うと100%を超えてます

ホールを見ていると目押しが不慣れな中年・高齢ユーザーも遊技している状況ですでに100%超え。フル攻略で103%まではいかなくとも、上手いユーザーだけに打ちこまれたら102%中盤は確実でしょう。

一方のキャッツ・アイ。こちらも①で100%超えの触れ込みで登場したワケですが…。先週の3日目までのデータでは、まだカラいけどどうせ甘くなるでしょうと予想していたものの…台粗利9200円!? 売上が4万2000円ですので粗利率約22%! え? ホンマ? コイツはクソカラい!!

というワケで、設定別のデータをまとめてみました。それがコチラ↓

※データはニッシー調べ

実ホールデータと発表値との出率差が5~6%あります! そりゃ勝てんわ…。

①で97%、赤差枚率が34%。⑥でも102%チョイで63%しかない。今のところ①でも勝てる機械ではなく⑥でも負けれる機械っす(笑)。

なんでこんなに差が生まれるんでしょうかね? 推測すると目押し難易度が高めかつ、中高年向けの版権なので取りこぼしの多発やRBシフトの入賞が原因かと

それにしてもカラい気がするけども…。もしくはメーカー発表値が違う!? いやいや一部上場企業でっせ?

ちなみにメーカー発表のビタ押し成功率は現在52%程度らしいので、ここが上がってくれば数値は改善されると思います

また、本当にカラいのであればホールも鬼ではない。クソホールは①で抜き続けるけど、良心的なホールなら高設定示唆が出て差玉もそんなに出ないのであれば、④を使ってアピールしますよ

というわけで、どうせ全台設定①だと割り切らず、しばらくは設定も気にしながら実戦してみるのもいいかもしれませんね。

キャッツ・アイの最新攻略情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー