『PA真・花の慶次2~漆黒の衝撃 99ver.』が笑えるほど甘くなる【編集部コラム・メシUMA 第60幕】

『PA真・花の慶次2~漆黒の衝撃 99ver.』が笑えるほど甘くなる【編集部コラム・メシUMA 第60幕】

14回の大当りで900個近く出玉が変わるチート性能

自力感は嫌いじゃない。自給自足生物メシUMAです。

パチスロで自力でATを上乗せしてる(ように見える)ゲーム性って楽しい。パチンコでも「攻略」を駆使しているからこそ、勝ててる……って感じは自分としては好み。

あまり攻略手順が複雑だと、1回の連チャン終了で疲労感凄いけど。(←ただの運動不足)

そんなワケで、久々に「自力感」あふれる台。

『PA真・花の慶次2~漆黒の衝撃 99ver.』。

メシUMAが大好物の甘デジスペックです。この台、ヘソが1個賞球ながら等価ボーダーが「18.7」と比較的カラめな部類。

ただ、このカラめの数値には秘密があって。「電サポ中1回転につき-0.5個」「大当り中打ちっぱなしで消化した場合の出玉」でこの数値なのです。

『パチマガスロマガモバイル』では一般的な人の打ち方(大当り中&電サポ中を打ちっぱなしで消化)をした場合としてボーダーラインを掲載しているので、攻略できる機種に限っては……打てる回転率の条件が一気に変わることもある。

何せよ重要なのは盤面右の「4個賞球口」。ここで世界線が変わります。

ここに入る頻度が少ないようだと、電サポ中は玉減り必至。現状見る限り、ここへ極端に入らないホールはまだ見たことがなく、大半は通常時を回さない感じになっています。……いや、そんなに甘いワケじゃないんだからもーちょい回せや。

自身では大当り中のオーバー入賞狙いの攻略で、10R消化後に出る払い出し出玉数で「平均760」「最大797」でした。状況が良かったり、もっと上手く打てる人は余裕で800超えてきそう。

同じ台で打ちっぱなしで1回10Rを消化したときは「736」でした。コレを下回るようなら、4個賞球口がちょい厳しい状況かも

電サポ中は増えることもあったし、減ることもあったりで個人的には「1回転につき±0個」クラスで落ち着く印象。

下手クソってのもあるんですが、101回転以降は大当りor確変転落した変動で電サポがすぐ閉じる。なので、101回転以降は打ちっぱなしにしていたのです。

甘デジだけに、残保留4個にできた方が玉減りしたとしてもお得っぽいので。……ただ、ここまでハマるケースだと流石に玉減りを防ぐ方が良かったかも……。

そんなこんなで無駄に15連。甘デジだとこういうことが起こるのに、ミドルスペックのときに全然コレをヤれない。コレ、人類の謎。

てなことはさておき、当選ラウンドの内訳がこちら。

10R……8回
6R……1回
4R……6回

表記出玉通りだと

10R……約600個×8回=約4800個
6R……約360個×1回=約360個
4R……約240個×6回=約1440個

合計約6600個。ここから電サポ中に-0.5個減ると……大当りまで平均約60回転+最後70回転で終了とした場合、約485個減ることになるので……残る出玉は約6115個になります。

ここまでは等価ボーダー「18.7」の条件に強引に当てはめた場合。実際は……

初当りの時点で持玉が625個+上皿に73個あったので、「7701個-698個=7003個」。つまり、先で挙げた条件での出玉より『888個』多く取れていたことになります。

電サポ中は「1回転につき±0個」「10R…約640個」「6R…約384個」「4R…約256個」の条件となるのですが……

この出玉数だと等価ボーダーは『16.8』!

10Rでそこまで平均的に取れないと思うので、電サポ中は少し増えていたのでしょう。回転数ちゃんと数えとけばよかった……。実際は1回でここまで連チャンすることは多くないので、『等価ボーダー16.0』レベルじゃないかと。

それでも! 『等価ボーダー18.7→16.8』だとしても「2.0回転分甘くなる」のは最近では珍しい部類。甘デジだからこそ、数十個の違いが勝ちやすさにダイレクトに響く。電サポ中14回の大当りで900個近く出玉が違うのは驚異的(右打ち中の大当り1回で約+64個)。1日打ったら2000個くらいは平気で差が出そうっすわ。

4個賞球口の状況にもよりますが、コレなら千円20回転まわればお宝台になります。ま……問題はそんな台がないことなんですけどね!

現状、等価ボーダーを切るレベルの台しか打てておりませぬ。ここから回転率が良くなるかは人気次第なのですが……個人的には厳しそうな印象。ここまで甘くなると「自力感」があって楽しいんですけどね……。

『パチマガスロマガモバイル』では攻略ツールとして「1Rの出玉数別のボーダーライン早見表」を公開中。

今回のだと「7003個÷110R(15回大当りの合計ラウンド数)」で1Rあたりの出玉数が出せるので、この早見表を使えば自身の実戦台でも簡単に「甘くなったボーダー」が算出できちゃいます

『PA真・花の慶次2~漆黒の衝撃 99ver.』の「1Rの出玉数別のボーダーライン早見表」はコチラから。
(※「1Rの出玉数別のボーダーライン早見表」を使用するにはパチマガスロマガモバイルの『ゴールド会員登録(有料)』が必要になります。)

▼「攻略のやり方」についても『パチマガスロマガモバイル』を参照していただければ!(←単に面倒なだけ……ってのはナイショ)▼

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー