【喰うならやらねば】破格のBIG確率!『ナイツ』衝撃の高機械割!【SIDE-B 第37回】

【喰うならやらねば】破格のBIG確率!『ナイツ』衝撃の高機械割!【SIDE-B 第37回】

-1995年に連載スタートした稼働日記"喰うならやらねば!"の過去連載を振り返る『喰うならやらねばSIDE-B』。今回は『ナイツ』編。

従来機を遥かに超えるBIG確率を持つ山佐独自のツインBIGマシンで、しのけんはどのように立ち回っていたのか!?

▶しのけんのその他連載日記はコチラから◀

 

 

設定6のBIG確率は驚異の1/119!

担当(以下・担)『今回の喰うやらSIDE-Bで振り返るのは「ナイツ」です』

しのけん(以下・し)『ナイツ、イイねぇ。この筐体デザイン、リール絵柄、全ての面で秀逸』

『しのけんさんは好き過ぎて実機を所有しているんですよね』

『うん』

『当時山佐から「タイプY」として登場しましたが、正確にはJAC-IN1回のみのB-タイプのシフト持ち越し機。REGが存在せずBIGのみながら、ノーマルBIGで約180枚、ハイパーBIGなら約410枚獲得出来る仕様です』

『触れなきゃならないのは破格のBIG確率だよね』

『ですね。設定1で1/199・設定6なら1/119。基本的な事を理解してBIGを消化すれば、設定5でも約120%、設定6なら約145%というスペック的にも魅力的なマシンでした』

『設置は2001年初頭。ほんとこの頃のパチスロには魅力的な機種が溢れているなぁ』

『ってな訳で、今回はナイツを扱った2021年3月16(金)の稼働日記をお楽しみください』

最近お気に入り機種ナイツ実戦! 夢が現実になるか!?

■2001年3月16日(金)■

さてさて、インディを1日打った後は、それ以前と同様、ナイツを打つ毎日に。今打っているホールは7枚交換のB店。以前は等価のホールで打っていたのですが、そこがイマイチ渋くなったのです。

そこで設定配分に非常にメリハリがあり、ある程度分かりやすいこのホールで立ち回ってみる事に。

さて、この機種を気に入っている理由はイロイロあるのですが、とにかく完成度が高い事。

ゲーム性は当然の事ながら、それなりの台をつかむと、幾度となく『設定6?』と夢を見れる当たり方をしてくれるスペックや、恥ずかしくなるほどかっこ良いBIG中のBGM等が自分を虜にしているのです。

んな訳で今日もナイツ。ここのところ何でか寝付きが悪い自分は、結局ほぼ不眠状態で家を出るのでした。眠いのに眠れないんだよね、何故か。

電車に揺られ4分、目標のB店に到着。ココは自分が好む、のんびりホール。開店間際になってやっとこ地元のおじさんおばさんが数人集まってくるホールなので、開店ちょい過ぎに入店。のんびりと狙い台に腰を降ろし、早速勝負を開始しました。

初当りはわずか2000円。枠上黒ビタからの小役ハズレ。赤7で揃えてペシッとBETを押すと…ノーマルBIG。ま、良し。

続いてのBIGがスイカ直後に引けてスーパーBIG! さらにそこからポコポコとBIG。当然全てスーパーBIGで一気に下皿満タンに。さらにさらにっ、キャンドルの灯火を122プレイまで引っ張り、そこでBIGにつなげると今度は1プレイBIG! おまけにその後、2桁2連っ!

……と、わずか2時間もしない間に一気にBIGが10回。うち9回がスーパーBIGで深い下皿には満タン、さらには1箱満タンという嬉しい状況に。こ、これは....。

(中編に続く)

続きは9月10日6時更新予定!

最新機種の攻略情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー