回転体狙い攻略で、甘デジタイプでも日当2万発超えを狙えた一般電役!!【CRバリ南国】

回転体狙い攻略で、甘デジタイプでも日当2万発超えを狙えた一般電役!!【CRバリ南国】

はじめに

虚心坦懐のGoing Underground、第51回。

 


 

今回は、2008年頃のお話。

パチスロは5号機時代で、「キン肉マン(山佐)」のヒットでART機が大人気となった。ART機では「ハードボイルド(Sammy)」「南国育ち(オリンピア)」、RT機では「回胴黙示録カイジ2(ロデオ)」「新・吉宗(大都技研)」など、4号機でヒットした機種の後継機が続々登場。Aタイプでは「ジャグラーシリーズ(北電子)」の人気はもちろん、「格闘美神ウーロン(Sammy)」「北斗の拳2ネクストゾーン将(Sammy)」「青ドン(ミズホ)」「楽シーサー(SANKYO)」などもヒットした。

パチンコは初当り確率約1/400のMAXタイプが人気となり、「CR北斗の拳ラオウ(Sammy)」「CR牙狼XX(SanseiR&D)」「CRコブラ2(ニューギン)」などが大ヒットした。ミドルタイプでは、韓流モノの「CRぱちんこ冬のソナタ2(京楽)」「CRF春のワルツ(SANKYO)」や「CRルパン三世ルピナスタワーのダイヤを狙え(平和)」などが人気に。また、ハネモノでは「CRAポチッと一発!おだてブタ(平和)」「CRA羽根ぱちんこ水戸黄門(京楽)」なども登場した。当時の虚心はというと、打てそうな「CRバーストエンジェル(豊丸)」を探すという徘徊癖が身に付いていた(笑)。

そしてそんな中、液晶付きの一発台的な位置付けで登場したのが「CRバリ南国(ニューギン)」であった。

「CRバリ南国MX/MX2」とは!?

役モノ上部の飛び込み口を抜け、回転体の2カ所のくぼみを通り抜け(ハズレても復活ルート有)、3穴クルーンの手前穴に入賞すれば、大当り(確率65520/65521で大当り)という一般電役で、大当り1回につき、MXで約1320個、MX2で約620個の出玉が獲得できた。

また、右打ち中は、スルー通過で大当りの抽選がされており、MXなら1/130.25、MX2なら1/88.25で再度大当りが獲得できる仕組みであった。

攻略法の内容

回転体の2カ所のくぼみの突破率を上げ、役モノ確率自体を甘くする止め打ち攻略法

 

<手順>
(台のネカセにより個体差はあるが、)液晶手前の回転体のくぼみ部分が7~8時のあたりを目安に3発ほど打ち出す ※繰り返し

 

たったこれだけで回転体の突破率が8割以上になったため、実質大当り確率が跳ね上がった。しかも、導入当初は3穴クルーンの確率がどこも1/3以上と甘かったため、甘デジ仕様のMX2でさえ日当2万発は軽く狙えた。

攻略法の出所は?

昔の一発台やホー助(→リンク)を攻略してきたプロ連中からは、回転体の動きが一定である時点で間違いなく狙えると予測。

導入初日は店が被らないよう、知り合い同士で口裏を合わせていたほどだった。

実際、狙ってみると、その効果は絶大な上、この機種自体のスペックも役モノも甘く、とどめにネカセの良いホールの方が多かった。

飛び込みは多少キツいホールも多かったが、それでも充分、大勝ちを狙える状況であった。

あっという間に、稼動停止状況に…。

もともと設置も少ない上、設置後、すぐにプロ達の餌食になったこともあり、程なくして稼動停止状況になってしまった。

虚心は当時、泊まりがけで南房総の海沿いの民宿から打ちに通っていた。この機種、右打ち中に連チャンすると「イイ波キターーーーーッ!!」という画面が出るのだが、まさにぴったりのシチュエーションであった(笑)。

しかし、3日もすると稼動停止になってしまい、その日は朝から打つ台が無い状態に…。仕方なく帰路に帰路につこうとするも、近隣に朝、獲れたばかりの海産物をその場で料理してくれるお店を発見し、立ち寄ってみると、まさかのここでも「イイ波キターーーーーッ!!」を経験。おかげでバリ美味しい食事までプレゼントしてもらえた(笑)。

 

ちなみに「この機種の右打ち中の音楽が良い」というプロが多く、それに対し別の知人プロが「そりゃ、儲かっているときに聴く音楽なんだから、俺が歌ってもいい曲に聞えるでしょ(笑)!」と言って、物議を醸したのも良い思い出だ。


※本記事は、虚心坦懐の体験に基づいたものであり、メーカーとは一切関係ございません。

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー