レア小役を引くだけで2400枚GET!? 【タイラの新台語りタイ! パチスロ モンスターハンター:ワールド™黄金狩猟編】

レア小役を引くだけで2400枚GET!? 【タイラの新台語りタイ! パチスロ モンスターハンター:ワールド™黄金狩猟編】

新システム搭載で狩猟がさらに進化!!

日本のみならず世界的に大人気のゲームコンテンツ、その最新タイアップマシンが登場。

今回紹介するのは「パチスロ モンスターハンター:ワールド™ 黄金狩猟」です! 前作「モンハンワールド」もまだまだ現役稼働中ですが、本機は単純にその続編というわけではなく、好評だった通常時の基本システムは継承&進化、AT中は全く新しいゲーム性となっています。

今回は、前作とどこが変わったのか、そして何が新しいのか、その辺りにスポットを当ててご紹介したいと思います!

①通常時のモンスター討伐はテンポよく進化!

前作でも好評だった、ゲームさながらの緊張感が味わえる通常時は、基本システムをそのままに、進化を遂げています。

クエストの探索保障ゲーム数は、モンスター問わず全て70Gに統一。他にも細かい変更点として、クエスト出発前の「研究基地」(前作のアステラ)で、大タル爆弾の獲得以外にも仲間が増える抽選を行ってくれます。

クエスト開始時から仲間がいる可能性があるというのは嬉しいポイントですね。そして、通常クエストの討伐成功率は約63%。前作が50%オーバーと言われていたので、これも嬉しい進化と言えそうです。

②歴戦王討伐に備えろ! 装備生成システム

通常時のシステム自体は前作と大きく変わりありませんが、通常クエスト成功後の流れは全く違うものになっています。

今作では、ATまでに2つのクエストを達成する必要があるのですが、その2つ目がCZ「歴戦王クエスト」。ここでは、まず新システムである「装備生成」を行います。

武器と防具をそれぞれ生成。それにより、CZのゲーム数やゲーム性、討伐期待度が変化します。ベルの押し順の第1停止に対応した装備を作成するということで、完全ガチ勝負!

なお、ここでの組み合わせは、通常クエストで討伐したモンスターによって変化します。モンスターを討伐し、強力な装備を作り、より強大なモンスターに挑む……この流れは、まさにゲームの世界観そのものですよね!

その後の歴戦王クエストでは、これまたモンスターの討伐に挑戦。作成した武器によって、ゲーム性が変化するのが特徴です。見事討伐することが出来れば、晴れてAT突入ですよ!

③よくある突破型とは違う! 新システムのAT

2回のクエストに成功し、突入するのがAT「エルドラドボーナス」。ここでは、マム・タロトの狩猟を目指して、4回の部位破壊に挑戦。

パッと見では、よくある突破型のように思えますが、従来のものとは違う新しいシステムとなっています。

まず、純増約6.7枚/Gで増加する高純増ATを20G消化。その最中に部位破壊率をアップさせて、マム・タロト狩猟パートで部位破壊に挑戦するのですが、もちろん部位を破壊するたびにその数は減少していくわけで、挑戦回数は減っていきます。

では、破壊難易度が上がっていくのか…というと、そうではありません。破壊率はずっと引き継がれていくので挑戦回数は減りますが、セットを重ねるごとに破壊率は上昇していきます

序盤は破壊率は低いが手数で勝負。終盤は一発の重みにかける。討伐が進むにつれて感情が全く変わってくるのが面白いところだと思います。最後はもちろん一発勝負ですが、そこまでくれば破壊率は十分上がっているので、最後の一撃を狙ってレバーON!

そして、マム・タロトを討伐できた暁には、上位ATが待っています。

特に、最後の仕上げとも言える「大団長からの挑戦状」は展開を大きく左右する叩きどころ。5G間でレア小役を引ければ、なんと完走確定という単純明快がゆえにアツいゲーム性となっています。そのプレッシャーは考えただけでも震えますね…(笑)。

そんなわけで、歴代シリーズ同様に他のパチスロでは味わえない世界観と自力感を搭載した本機。導入後は、ホールに多くのハンターが集いそうですね!

パチスロ モンスターハンター:ワールド™黄金狩猟の解析情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!

ライター紹介

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー