【パチスロ】ガチ勢をも○す「打ちたい欲求」はさっさと解放すべし【ガチプロ稼働録】

【パチスロ】ガチ勢をも○す「打ちたい欲求」はさっさと解放すべし【ガチプロ稼働録】

今回の更新は「ヘミニク篇第十一話」!

▶過去の連載はコチラから!

▶コチラもオススメ! 押忍!番長ZEROの設定推測は難しい?

コロナ明けの稼働録

皆様、暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。私はまあまあ元気です。

というのも先日、ついに新型コロナに罹ってしまいまして。深夜に 「あれ、なんか調子悪いな」 と思いながら、そのまま寝たらば翌朝38℃を超える発熱

これは例のやつかもしれんと思い病院に連絡するも、診察の予約が取れたのは三日後。その間ひたすら自宅で寝ていましたが、三日間は高熱と身体の痛みにうなされていました。

そして検査結果は「陽性」。10日間の自宅待機が命ぜられました。うわー…仕事とかどうしよう…と思ってスケジュールを見たらば、20日先くらい真っ白だったので一安心。なお体調の方は五日目にはすっかり良くなっていたので、ひたすら自宅で暇な日々を送っていました。

そしてこの頃あたりからですかね、「あーパチスロ打ちてぇ」ってなったのは。SNSとか見ていると目に毒なので、一切Twitterとかも開いていませんでした。何か最近ヘミニクTwitter浮上してないなと思ったスルドイ方がいたらば、コロナだったからです。

そして10日後、ようやく自宅待機解除。体調も全く問題無いので早速パチ屋へと向かうことに。前置きが長くなりましたが、今回のコラムはコロナ明けの稼働です。

なんでもいいから打たせてくれ

この日の投入傾向は 「7台並びで設定⑤⑥が複数箇所」「傾向的に『SLOTバジリスク絆2』と沖スロが対象になるかも」というもの。

バジ絆2に座れれば御の字だが、抽選クソ番でそれは叶わず。沖スロは『沖ドキ!DUO』『チバリヨ-30』『ハナハナシリーズ』くらいしかないので、朝から設定狙いで打つのは不向き。そこでまずはチバリヨのリセット狙いからスタートすることにした。コロナ明けとは思えない、クレバーな作戦である。

チバリヨを一台消化したのち、ワンチャンあるかも? な『パチスロ 百花繚乱 サムライガールズ』を少し触って、さあやることが無くなった。20φコーナーに7台並びが全く見えない。こうも見えないとなると、やはり今日は沖スロに寄せているのだろう。

ここで私は選択を迫られた。ホール移動するか、沖スロ(チバリヨか沖ドキ!DUO)を打つかだ。通常ならば、帰宅視野だったかもしれない。しかしこの日は「もう家で寝るのやだ」「パチスロ打っていたい」という欲求が勝った。恐らくこれがコロナの後遺症なのだろう、恐ろしい。

そして私はチバリヨに着席した。まだ沖ドキ!DUOの方が設定狙いには有利だが、空いていなかったのでしょうがない。空き台を待つのもシンドイのも、コロナの後遺症なのかもしれない。

とはいえ全く何も考えずに座った訳ではない。周りの挙動的に可能性のありそうなポイントに座ってはいる。するとほら、この台も有利区間引継ぎ後の初当りが軽い。設定6は有利区間を引き継いだ後の初当りが軽いという特徴があるので、この挙動はプラスだろう。

が、有利区間リセット後になかなか天国準備へ移行してくれない。有利区間リセット後のモード移行に設定差は無く、全設定共通50%で天国準備へ移行する。この50%を引けないと天国へも移行しないので、延々通常Aと通常Bをループし続けることになるのだ。ただし設定差は無いので、この挙動はマイナスにはならない。

そして気が付けば3連続で50%を引けず、投資は5万円まで膨れ上がっていた。常連らに「なんでそんな台にムキになっているの?」という目で見られていたことは言うまでもない。もしそう問われたら、私はこう答えるだろう。「コロナの後遺症タイムだから」と。

さすがに心が折れかけた頃合い、ようやく天国飛び。二連続で天国準備→天国へと移行し、1500枚のコインを出して大惨敗は免れた。途中からは「こんなんやってたら金がいくらあっても足りない」と反省しながら打っていたが、休み明けですぐそれに気付けたのは良かったのかもしれない。

「パチスロ打ちたい欲求」を溜めるのはよろしくないと気付いた実戦。普段ならそんな欲求溜まらないのですが、今回はコロナのせいで脳内のシナプス回路が変化したのだと思います。-30k、保険も効かない高い治療費である。

【実戦結果】
総投資金額…550枚+5万1000円
総獲得枚数…1643枚
交換額…3万1000円相当
収支…-2万9500円相当

『チバリヨ-30』の最新情報は「パチマガスロマガモバイル」で!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー